インフォトップは怪しい?胡散臭い?その評価は…

速水です。

インフォトップと言いますと情報教材のASPとして最大手です。

ただ、まだまだ情報教材というと、
「怪しい」「胡散臭い」と思う人がいるのも事実で、
そうなるとそれを扱っているインフォトップまで
「怪しい会社だ」と思う人もいることでしょう。

詐欺商材ばかり買ってしまったあの頃

今でこそインフォトップは情報商材ASPの
代名詞のようになっていますけど、
私がアフィリエイトを始めた2006年の初めごろは
インフォトップは存在しませんでした。

そのころの情報商材ASPというと、
インフォストアとインフォカートだったんですね。

ところがそのころは商品審査が甘くて、
詐欺的な情報商材が非常に多かったんです。

私がそのころに購入した情報商材は3つありますが
3つとも詐欺的な内容で、ネットビジネスの世界に
絶望しそうになったものです。

こんな奴らばかりなのかと。

インフォトップのおかげで詐欺的な情報商材は激減

そんな2006年の終わりごろにインフォトップができました。

既に情報起業家として有名だった
菅野一誠さんが中心になって作ったものです。

それでこのインフォトップですが、
それまでの情報商材ASPと比べると、
商品審査が厳しかったんですね。

それも年々厳しさを増していきました。

そのおかげで、詐欺的な情報商材はずいぶん減りました。

とはいえ、インフォトップで売られているものなら
絶対安心かというとそうとも限りません。

絶対安心、ではない

インフォトップによると、情報商材の審査内容は
以下のようになっています。

審査では販売商品およびセールスページ上の表記について
誇大表現がないか、各種法令に準拠しているか、
購入される方が不安・疑問に思うことはないか、
などをチェックしております。

http://shinsa.infotop.jp/

ここで審査されるのは主に、
誇大広告だとか、合法性に関してなんですね。

あとは、購入者が騙された気持ちにならないように、
販売ページには必要なことはすべて説明すること。

ということで、インフォトップの審査は主に
販売ページに対してなされるもののようです。

なぜならノウハウの内容の正しさについては
審査するのが難しいからなんですね。

審査が難しい部分

内容的に明らかにダメなものは排除できますが、
「稼げるかもしれないし稼げないかもしれない」
というものですと・・・どうやって審査すればいいの?
ということになります。

インフォトップの社員さんがそのノウハウを実践して
「実際稼げました、だから大丈夫です!」
なんて、やるわけにはいきませんからね。

それに、ある人にとっては稼げるノウハウでも
別の人にとっては全く駄目なノウハウだった
ということもありえます。

また、情報商材の値段の問題もあります。
一応インフォトップでは、「価格と内容」の差が激しいものはダメ
とされていますけど、これも明確に線引きすることは
できないでしょう。

なぜなら、情報に対してつける値段なんて、
人によってバラバラですからね。
適正価格なんてありません。

購入前の調査は必要

ですので最終的には
そのノウハウが自分にとって必要かどうかは、
自分でしっかり調べて判断しなければなりません。

まあ少なくともインフォトップであれば、
昔私が買ったもののように「ほとんど詐欺」
というようなダメ商品はないとはいえるのですが、
それでも「微妙」なものはありますからね。

誇大広告に関する審査は厳しいと言われていますので、
販売ページをしっかり吟味すれば、
自分にとって必要なものかどうかは
ある程度わかりそうです。

あとは何か気になる情報教材があれば、
私のところに遠慮なく問い合わせてください。^^

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ