ブラックハットSEO一覧とホワイトハットSEO

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

ブラックハットSEOというのは
グーグルが禁止している手段を使って
検索上位に表示させようとする工夫です。

なので、上位表示の可能性のない取り組みは
ブラックハットSEOですらないといえます。

ブラックハットSEOですらなくなった方法

例えばかつてブラックハットSEOと言われていたものには
以下のようなものがあります。

  • クローキング
  • 隠しテキスト
  • 不自然なキーワードの詰め込み

クローキングというのは、
検索エンジンに見せるデータと、
訪問者に見せるコンテンツを別のものにすることです。

次の隠しテキストとあわせて
実践されることが多かったものですね。

例えば訪問者に見せる内容は
画像で作ってしまいます。

成約率を重視したような内容ですね。

でも検索エンジンは
画像を判別することはできません。

検索エンジン向けとしては
隠しテキストとして、単にキーワードを羅列したような
無意味な文章を仕込んでおきます。

隠しテキストは、文字を読めないくらいに小さくしたり、
地の色と同じにすることで簡単にできます。

不自然なキーワードの詰め込みも
これらとともによく用いられる方法でした。

それで以上の方法はブラックハットSEOだったのですが
今では上位表示の効果はありませんので
ブラックハットSEOですらありません。

ブラックハット?グレーハット?

では現在のブラックハットSEOと考えられるのは
どんなものかと言いますと・・・
以下のような方法が考えられます。

  • 自作自演の被リンク
  • コピー記事

これらの方法はいまだにうまくやることで
上位表示に役立ったりしますので
ブラックハットSEOといえるでしょう。

ただ、自作自演の被リンクについては、
グーグルによりますと、

「過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的として
 パートナーページを作成すること」

これが禁止とされています。
ということは、過剰なリンク交換「のみ」を目的としない場合
「パートナーページ」つまりサテライトサイトを
作っていいのかとも解釈できます。

この辺は、グーグルの胸先三寸で
ブラックにもホワイトにもされそうですので
「グレー」と言えそうですが、
近づかない方が無難ですね。

実際、多くの自作自演被リンクがペナルティを受けていますし。

コピー記事に関して、グーグルは、

「無断複製されたコンテンツ」

これを禁ずると言っています。

ということは「無断」ではない
複製コンテンツはいいのかという解釈もできますよね。

たとえばオープン2ちゃんねるなどは
サイト運営者によって転載OKとされています。

2ちゃんねるまとめサイトが
検索上位に出てくるところを見ると、
無断ではない複製コンテンツは
グーグルは認めているのかもしれません。

ただそれでも「付加価値」がなければ
手動ペナルティをもらってしまう危険はあります

またこれも基準が微妙ですので、
将来的にはどうなるかわかりません。

ブラックハットSEO

以上は「グレーハット」ともいえるSEOですが
明確にブラックハットだと言えるものには
以下のようなものがあります。

  • リンク購入
  • 自動相互リンクへの登録
  • 中小検索エンジンやディレクトリへの登録
  • 自サイトへのリンクを埋め込んだウィジェットの配布
  • 自サイトへのリンクを埋め込んだテンプレートの配布
  • 被リンクを目的とした掲示板(ブログコメント)書き込み
  • 自動生成記事

これらの中では「リンク購入」に対しては
特に厳しいようで、インデックス削除も珍しくありません

また、自動生成記事は、今のところは
うまくやればそれとわからないものができますが、
グーグルが進化することで
この先どうなるかはわかりません。

その他の方法については、
ペナルティと言っても「効果がゼロになる」
程度のことが多いようです。

ただ、やっていることがあまりにひどければ
ゼロではなくマイナスになることも大いにあり得ます。

なのでブラックハットSEOにエネルギーを投入することは
最終的に徒労に終わる確率が高いですので
本気になって取り組むようなものではありません。

ホワイトハットSEO

ではホワイトハットSEOとはどういうものかというと、
こちらは簡単です。

  • 訪問者の役に立つコンテンツを増やしていくこと
  • ユーザビリティの高いサイトにすること

また、タイトルタグやメタディスクリプション、
ドメインやURLにキーワードを入れることは
有効なSEOとしてグーグルも認めています

その目的が、検索者の理解を助けることにあるからです。