タイトルタグ(titleタグ)とSEO~文字数なんてどうでもいい?

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

タイトルタグは内的SEOを考える上で
非常に大事な要素ですね。

Google検索エンジンは、
ページ内容を判断する場合、
タイトルタグ内に書かれたキーワードを
重視するからです。

アフィリエイターであれば当然、
狙ったキーワードで上位表示をさせたいわけですから、
タイトルタグの中にキーワードを入れないなんて
考えられません。

タイトルタグとは

ただまず、

「タイトル(title)タグって何?」

と思う人もいるかもしれませんので
説明しておきましょう。

これはブラウザに表示されているページの
HTMLソースを見るとわかりますね。

ページのはじめのほうに、

<head>~</head>

というタグがあるはずです。

ヘッダータグといいますけど、
この<head>~</head>の間に、

<title>~</title>

というタグがありますね。
これがタイトルタグです。

内的SEOの重要ポイント

内的SEOを考えるなら
ここに狙ったキーワードを入れるのは必須です。

どうやって入れるのかといいますと・・・

ワードプレスや無料ブログであれば、
記事のタイトルが自動的にタイトルタグに
入るようになっています。

ただ、ブログタイトルも入ってしまうことが多いですね。

すべてのタイトルタグに同じフレーズが入ってしまうのはよくない

当ブログの場合、
「賢威」テンプレートを使っているのですが

これだと個別記事ページのタイトルタグの中に、

<title>記事タイトル|ブログタイトル</title>

という具合に両方入ってしまいます。

たとえば、記事タイトルが「アフィリエイトのメリット」
だとすると、タイトルタグの中は

アフィリエイトのメリット|東大法学部卒自由商人「速水鏡」のインターネット副業講座

となってしまいます。

でも全ページのタイトルに
こんな長いブログ名が表示されることは
Googleも勧めていません。

ページのタイトルとスニペットを検証する

ここに書かれていますが、
「記事タイトルが目立たない状態」
ということができるでしょう。

それで私は、WordPress用プラグインとして有名な
「All In One SEO Pack」を使って、
記事タイトルのみタイトルタグの中に
表示されるようにしています。

ついでに上記Googleの説明を見てみましょうか。

Googleお勧めのタイトルタグの書き方

まず、「具体的でわかりやすい」タイトルをつけること
となっていますが、これは特に問題ないと思います。

アフィリエイターなら、
わけのわからない凝ったタイトルを
つけたりはしないでしょう。^^;

次に「キーワードの詰め込みは避ける」と
書いてありますね。

詰め込みというか繰り返しがダメだということですね。

ただ同じキーワードが自然に
2回出てきてしまうようなタイトルなら
問題ないでしょう。

それから、
「同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける」
ということですが、

これは上述の、
「全ページのタイトルタグの中にブログ名を入れない」
というのと似ています。

まあ、機械的にタイトルを量産するために、
一部だけキーワードを置換してタイトルを作る
というのは昔よく行われていました。

私もやっていました。^^;

たとえば、

「世田谷区の看護師求人情報~非公開情報を利用するには?」

などというタイトルの場合、
「世田谷区」をほかの地名に置換すれば
いくらでもタイトルを作ることができますよね。

でもそういうのはダメですよ、と
Googleさんは言っているわけです。

タイトルタグの中に入れるフレーズの文字数・長さ

あと、上記Googleの説明には書かれていませんが、
タイトルタグの中に入れるフレーズの文字数、長さも
気になるところですよね。

でもこれは実際の検索結果を見てみるとわかると思います。

Googleですと、表示されているのは
だいたい30文字くらいですね。

なのでタイトルタグの中に入れるフレーズも
30文字以内にしておくのがいいでしょう。

ただ、Google検索エンジンは
タイトルタグの中のはじめから12語を
タイトルとして認識するといわれていますので

30文字を超えてしまっても
12語以内であればすべて認識してもらえます。

ただそれは、検索者に対しては
何の力も持たないということになります。

タイトルは短いほうが
「キーワード濃度」が高くなって
SEO的に有利になるという話もありますが、

上記Googleの説明を読んでみると、
長さよりも「わかりやすさ」を
重視すべきだということがわかりますね。