しつこい飛び込み営業は失敗する~アフィリエイトでもありがち

この記事は約3分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

私は飛び込み営業の経験はありませんが、
自宅にそういう人がやってくることはありますよね。

何かの契約か、宗教の勧誘かは知りませんが。
知らないというのはいちいち玄関には出ないからで。^^;

それでもしつこい人はいて、
何度も何度も呼び鈴を鳴らしたりするんですね。

それであきらめたかと思ったら、今度はドアをたたき始める。

ついに玄関先で叫び始めたり・・・

それから大声で呼んだりもする。

借金取りかと。^^;

まあ借金取りではありませんので、
乱暴な言葉で叫んだりはしませんが。

それでも、

「いらっしゃるんでしょう?」

とか叫んでいるんです。

そこまでして、
何を売り込みたいのかとも思いますが、
こちらが拒絶の態度を示しているのに
あくまで売り込もうとする。

それではいくらよい商品を持っていても
売れないと思うんですけどね。^^;

相手のことをまったく考えることができていない

もうそういうのって、感情的にイヤですよね。

でもそれが正しい飛び込み営業の方法だと思ってるようで、
近所中で同じことを叫んでいる声が聞こえるんですよね。

相手の都合をまったく考えず、

「来てやったんだから出て来い」

みたいな態度に思えました。

新人研修として無理やりやらされているのでしょうか?

それにしても、相手のことをまったく考えていない。

アフィリエイトでも犯しがちな失敗

でもこれって、アフィリエイトでも
やってしまうことが多いんです。

というか私もよくやっていました。^^;

別に、しつこく売り込むというわけではありませんが、
記事タイトルに入っているキーワードと、
記事内容があまり関係ないページをよく作っていたんですよね。

たとえば、

「パソコン教室 世田谷」

なんてキーワードでページを作っているのに、
世田谷のパソコン教室についての情報なんか
ほんの3~4行で、あとはパソコン関係の
情報商材を売り込んだりだとか。

これも、相手=ページ訪問者のことを
まったく考えていませんよね。

だから私には、
しつこい飛び込み営業の悪口を言う
資格はないのかもしれませんが。^^;

でもアフィリエイトを始めたばかりのころは
やってしまいがちです。

サイトを訪問してくれる人は、
何らかのキーワードを検索エンジンに
打ち込んでやってきています。

つまり、そのキーワードに、
サイト訪問者の求めることが表れています。

それを無視して、自分の売りたい商品を
売り込んでしまうんですよね。

売り込むのは後回しにして、
最初はとにかく有用な情報を発信し続ける、
そのくらいの心構えでちょうどよさそうです。

SEO的にもアウト

最近はもう、というかかなり前からですが、
記事タイトルと内容が一致していないようなページは
検索順位を落とされることが多いですね。

ということで、Googleの検索エンジンは
サイト滞在時間を見ているのだろう
といわれるようになりました。

タイトルと記事内容が一致していないと、
訪問者はすぐに去っていきますからね。

つまり、成約率の点でも、
SEOの点でも、キーワードに表れている
訪問者の意図を考えることがいかに重要か
ということですね。