コンテンツファーム・アフィリエイトとグーグルの対策

この記事は約2分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

Googleのパンダアップデートは
コンテンツファーム対策だと言われています。

コンテンツファームはアフィリエイトにも
利用されていました。

他でもない、私もやっていたことがあります。^^;

コンテンツファームとは

ただ、そもそもコンテンツファームとはなにか
という人もいると思いますので
説明をしておきましょう。

コンテンツというのは「内容」のことですね。
アフィリエイトの場合はサイトの内容ということになります。

で、ファームは「農場」という意味がありますね。

つまりコンテンツファームというのは
「農場」の作物のように、コンテンツを増やせる
サイトの仕組みということになります。

なんていうとなんだか難しそうに思えますが、
要は自動生成とかそれに近い方法で
ページを量産してしまおうということですね。

何千何万と自動生成したページで
ロングテールのアクセスを集めようというもの。

ロングテールって何?という人は
こちらの記事をどうぞ。

ロングテールとは

そうして、ほぼ自動生成で作られたページですので
内容的にはないようなものなのですね。

あ、いや、ダジャレではなく。^^;

無内容なページが爆発的に増えてよいわけはない

Googleとしてはそんな、無内容なページが
大量にばら撒かれる手法はほうっておくわけにはいきません。

検索結果の大半がそんなページになったら
Google検索エンジンの価値が下がってしまいますから。

ということでパンダアップデートという
アルゴリズム改変を行って、

コンテンツファームに代表される
「無内容なページ」を撃墜していくことになります。

私のやっていた方法

ちなみに私のやっていた方法というのは、
文章をいくつかのパーツに分けて、
それをランダムに組み合わせるという方法ですね。

たとえばひとつの文章を10のパーツに分割して、
それぞれのパーツに10個ずつのバリエーションを用意すれば、
10の10乗通りの組み合わせができることになります。

たったそれだけのことで
100億通りの文章ができるということです。

そして、その文章の一部は置換可能な記号にしておき
そこにロングテールキーワードを、
ツールを使って入れ込んでいくという方法です。

これを携帯電話用のサイトでやっていたので、
もともと文字数も少なく、コンテンツが薄くても
許されていたということもあり、

そんな単純なコンテンツファーム手法でも
稼げたというわけですね。

でも、パンダアップデートが進んだ現在、
そんなことをやっても時間のムダですので
やらないことをお勧めします。^^

そういう手法を、

「コピペでできる最新のロングテールSEO手法!」

なーんて言って売る人もいるかもしれませんので
ご注意ください。^^;