プロゲーマーの年収

この記事は約3分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

年収も何も、「プロゲーマー」という仕事が
世間一般に認められているのかと疑問に思う人も
多いことでしょう。

それもそのはずで、
例によって日本では、お役所お得意の
「規制」が厳しくて、ゲーマーは仕事として
成り立たないそうです。

収入的に。

日本人でも何人か「プロゲーマー」と
呼ばれている人はいるのですが、
そういう人たちは海外で稼いでいるようです。

なぜゲームで収入が発生するのか?

それでなぜゲームをして収入が発生するのかというと、
やはりそれだけ多くの人が注目しているからです。

多くの人が注目するので、
広告の手段として価値が出てくるというわけですね。

それで、ゲーム大会に多額の賞金がかけられたり、
ゲーマー自体にスポンサーが付いたりするというわけ。

プロゴルファーと同じですね。

海外では賞金総額が10億円にもなる大会もあったのだとか。

注目度の高さが伺えます。
ただ、日本では上述の理由で無理です。

あ。

東大卒プロゲーマー

なぜ突然プロゲーマーの話題かといいますと、
書店で偶然「東大卒プロゲーマー」という本を
見かけたからです。^^;

同じ大学でゲーム好きとなれば
興味もひかれてしまいます。

「ときど」さんという方だそうですけど、
東大卒でプロゲーマー?なんて驚きますよね。

でもこの方の場合、
東大卒がプロゲーマーになったというより
ゲーマーが東大に入った感じですね。

プロゲーマー賞金ランキングと年収

で、年収ですが。

そんなもの、
正直に発表する人なんていませんから
正確なことはわかりません。

ただ、ゲーム大会での獲得賞金なら
世界のランキングというのがありました。

プロゲーマー賞金ランキング

1 ジョナサン・ワンデル 45万4544ドル 米
2 リ・ヨンホ      43万7114ドル 韓
3 ユン・ヨンヒョン   37万7116ドル 韓
4 リ・ジャドン     37万4528ドル 韓
5 ヤン・ミンチョル   36万7902ドル 韓
6 ヤン・ヨンホ     29万2019ドル 韓
7 ダニロ・イシューチン 27万5800ドル ウクライナ
8 クレメント・イワノフ 27万4896ドル エストニア
9 アレクサンドル・ダシュケビチ 27万4896ドル ウクライナ
10 ドミトロー・クリヤノフ 26万7699ドル ロシア

賞金ランキングなんて、
ますますゴルフっぽいですが。^^

世界一のワンデルさんにして、
だいたい5000万円くらい。

それにスポンサーからの収入で
年収1億を超えているのではないかと
考えられています。

お金だけが目的ではやっていけない世界

世界一で1億といいますと、
それほど多いという感じではありませんよね。

それに対して、プレイヤーは世界中にいて
年齢制限もないわけですので非常に多いです。

なのでトップに上り詰めるのは
非常にむずかしいことなのですが
それほどのことをしても年収はこのくらいです。

だから、
「ゲームで稼げるなんて楽そう♪」
なんて、甘い考えで挑戦するものではありません。

やはり「情熱を持てるから」やるものなのでしょう。

単にお金を稼ぐためなら
他にいくらでも簡単な方法がありそうです。

ゲームで稼ぐ現実的な方法