Googleアナリティクス検索キーワード「not provided」とは

この記事は約2分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

Googleアナリティクスに限ったことではないのですが、
アクセス解析で検索キーワードを調べると、

「not provided」

というのが多いことに気づくと思います。

リサーチアルチザンライトだと
「esrc=s」と表示されていますね。

「提供されていません」?

これ、どういうことかというと、
検索エンジン経由でアクセスがあったのだけど、
どんな検索キーワードだったか「わかりません」
ということなんです。

困りましたね。^^;

なぜこういうことになったのかというと・・・

元々は、Googleアカウントにログインした状態で
Google検索を使うと、通信が暗号化されて、
それでどんなキーワードで検索したかを
秘密にできていたんです。

そういう検索から来たアクセスは
「not provided」と表示されていました。

なのでほとんどのアクセスは
検索キーワードを知ることができたわけです。

ところが。

原則「秘密」になってしまった

数年前から、Google検索は暗号化が普通になってしまいました

GoogleのURLを見てみると・・・

Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。

「https」で始まっていますよね。

普通URLって「http」で「s」ってついてないですよね。
この「s」がついている場合、通信が暗号化されている
ということなんです。

通販の支払い画面で、クレジットカード番号を
記入する場合なんかも「https」ってなってますよね。

クレジットカード番号なんて、
暗号化されてないと困りますから。^^;

でも、Googleは検索でもこれを取り入れたわけです。

その結果、

「not provided」

が増えたというわけですね。

ヤフー検索はまだ大丈夫

じゃあヤフー検索のほうは?と見てみると・・・

Yahoo!検索
ウェブ検索のほか、画像、動画、辞書、知恵袋、地図、ニュース、ショッピング、オークションなどの検索を提供。

「s」がついていませんね。
つまり暗号化されていないということ。

このお陰で私たちアフィリエイターは
生の検索キーワードを知ることができています。

ただ、Google経由でも検索キーワードが
表示されていることってけっこう多いですよね。

ちょっと、謎ですけど。^^;

「not provided」しかなくて
検索キーワードがわからない、
という場合は、

進入ページから推測するのがよさそうです。

リサーチアルチザンライトだと
「INページ」というところを見れば
すぐにわかるんでしたね。

ということでリサーチアルチザンライトは
お勧めなんですけど、使い勝手が悪いんです。

その欠点を補ったのがこちらのツールでしたね。

ゆずまるカバーGレビュー