良いものを作っただけでは売れない?

この記事は約2分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

たとえば職人気質の人に対して、

「良いものを作っただけじゃ売れないよ」

なんて言われることもあります。

これは正しい面もあるのですけど、
情報販売の世界では、当てはまらないんじゃないかと
最近思うようになりました。

「売る」ことで力尽きている人たち

情報販売の世界では、
これと逆のものが多いんですよね。

「売る」という行為に
ものすごくエネルギーを注いでいる。

そのわりに中身が・・・というもの。

たとえば無料オファーをばら撒いて集客し、
プロダクトローンチで派手な動画を作って
必死に売り込む・・・

でもそこで力尽きていて、
肝心の中身が空っぽの高額塾とか。^^;

これなんかまさに、

「良いものを作るだけ」

を行っているわけですね。

信用を失い、稼げなくなる

でも、集客と売り込みにお金がかかっているから、
その部分で塾料金が高額になっているので・・・

いざ始まってみると「詐欺だ」なんて
騒がれたりするわけです。

そうして信用を失うと
長く稼いでいくことはできなくなります。

それって、すごく効率が悪いんじゃないかと
思うんです。

そういうことをしなくても・・・

今なら「良いものを作る」だけで
売れるんじゃないかと思うんですよね。

少なくともこの情報業界では。

なぜなら。

アフィリエイターは飢えている

アフィリエイターは飢えているんです。^^;

良い商品に。

自信を持って人に勧められるような商品って、
そんなにないわけですよ。

それでアフィリエイターは稼ぎにくい。

こういう状況の今、
中身のしっかりした教材や塾を作れば・・・

もうそれだけで、
アフィリエイターは先を争って紹介します。

自分の信用にもつながり、
報酬もえられるわけだから
当たり前ですよね。

つまり、集客とか売込みとかで
大金と労力を費やさなくとも、

「良いものを作る」、それだけで
売れるんじゃないかというわけです。

まあ、アフィリエイト報酬は
しっかり払う必要がありますけど。

どちらが賢い方法か?

これとさっきの「逆パターン」とを比べた場合。

「良いものを作る」ほうが、
ずっとコストパフォーマンスが
優れていませんか?

販売者自らは、集客と売り込みに
エネルギーを浪費せずにすむ。

買った人からは喜ばれる。
アフィリエイターからも信頼される。

そうして信用を築いておけば
次の商品だって売れやすくなるに
違いありません。

ひょっとしたら。

現在「情報」を売ろうとする人は
テクニックに走りすぎているのかもしれません。

でも実は、基本に戻ること、
つまり「良い商品を作ること」が
最も「儲かる」方法なのかもしれませんよ