HTMLタグ~最低限これは知っておくべし

この記事は約6分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

あなたはウェブデザイナーになるわけではありませんので
すべてのHTMLタグを知っておく必要はありませんが、
アフィリエイトなどネットビジネスをやっていく上で
最低限しっておいたほうが良いものがあります

アフィリエイター視点でそれを紹介していきましょう。

HTMLタグとは

でも「そもそもHTMLタグって何?」と
思う人もいることでしょう。

HTMLタグというのは、
サイトを作るために必要な特殊な言語のことです。

インターネットエクスプローラーなどのブラウザで
「ページのソース」を表示してみれば
確かめることができます。

<head>とか<body>とか、こんな括弧<>
囲まれた言葉がありますね。それがHTMLタグです。

ということで知っておくべきものを紹介しましょう。

最低限のHTMLタグその1・<html>

これはそのファイルが、
「サイト用のファイルですよ」というのを
示すためのタグです。

ページの内容はすべて、<html>~</html>の間に
書かれていなければなりません。

ちなみに、そのタグの終わりを示すのは
「/(スラッシュ)」ですね。

<html>で始まったら</html>で閉じなければなりません。

最低限のHTMLタグその2・<head>

<head>~</head>の間には、
画面には表示されない情報が書かれます。

SEOで大事なブログや記事のタイトルは、
<head>~</head>の間にある
<titel>タグの中に書かれて初めて効果を発揮します

ということで<head>とともに<title>も
是非おぼえておきましょう。

最低限のHTMLタグその3・<body>

<body>~</body>の間に書かれていることが、
実際にブラウザで表示される内容となります。

ここまでのタグをまとめると以下のようになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<html>
<head>

<titel>ブログや記事のタイトル</title>

</head>
<body>

サイトの内容

</body>
</html>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最低限のHTMLタグその4・<h1>、<h3>

見出しタグですね。

<h1>~</h1>1ページに一つしかありません。
そのページの題名を記すためのタグです。

<h3>~</h3>の方は、一つのページに幾つも出てきます。
中見出しとして用います。
別に<h4>を使っても構いません。

最低限のHTMLタグその5・アンカータグ

次に、リンクを張るときに使うタグですね。
おそらくもっとも使用頻度が高いです。

<a href=””></a>

こういうものですね。

使い方としては、

<a href=”ここにURLを入れる”>ここに言葉を入れる</a>

となります。

最低限のHTMLタグその6・<br />

改行の際に使います。
これは<br></br>などという使い方はせず、
単体で使います。

文章の最後に<br />を付ければ、そこで改行されます。

最低限のHTMLタグその7・<p>

<p>~</p>の間に挟まれた部分が一つの段落になります。

最低限のHTMLタグその8・<img src=””>

これは画像を表示したいときに使うイメージタグです。

使い方としては、

<img src=”ここに画像がある場所のURLを入れる”>

となります。

Abcdefg naming agency
EVERYTHING STARTS WITH A NAME Learn More

のすぐ下に、「aaaa.jpg」というファイル名の画像を
FFFTPなどを使ってアップした場合、
その画像を表示させるタグは、

<img src=”http://www.abcdefg.com/aaaa.jpg”>

となります。

最低限のHTMLタグその9・<b>

<b>~</b>で挟まれた言葉は太字になります。
<strong>~</strong>も同様です。

 最低限のHTMLタグまとめ

以上のHTMLタグはまずおぼえておきましょう。
これら以外は、必要に応じてネットで検索して
調べていけばいいです。

まとめます。

<html>~</html>
<head>~</head>
<titel>~</title>
<body>~</body>
<h1>~</h1>
<h3>~</h3>
<a href=””></a>
<br />
<p>~</p>
<img src=””>
<b>~</b>
<strong>~</strong>

アフィリエイト用HTMLタグ入力の小技

アフィリエイトをやっていく上で
最低限必要なHTMLタグについて説明しました。

それで、これらのHTMLタグの中で、記事を書くときにすぐさま記入できた方がいいものもあります。

いちいちHTMLタグを書くのは面倒なので

まあ、ワードプレスなんかは、
ビジュアルモードを使えば文字装飾が簡単にできますけど、
時には直接HTMLタグを書かなければならないこともあります。

例えば、書く頻度の高いものとしては
見出しタグとかアンカータグがありますね。

つまり、<h3></h3>とか<a href=””></a>です。

こういうのをいちいち書き込むのって、面倒ですよね。^^;

それで本当に小技なんですけど。

IMEなどの日本語変換ソフトに、単語として登録してしまうといいです。

私の場合たとえば<a href=””></a>は、
読み方「h」で「短縮読み」として登録しています。

こうしておくと「h」と打ち込んでスペースを押すだけで
<a href=””></a>と出てくるようになって便利です。

他にも使用頻度の高いものは、
短い読み方で登録しておくと作業の効率が上がりますよ。

 

コメント