【2019年追記】稼げなくなったのか?~アフィリエイトで稼げない人と勉強ができない人の共通点

この記事は約6分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

ここ数年で、アフィリエイトはずいぶん難しくなったと言われています。

追記:アフィリエイトは稼げなくなったのか?

それは他でもない、グーグルの変動によるところが大きいのですが、中でも特に大きいのは健康アップデートを始めとするYMYL関連の動きでしょう。

2019年に入ってからも3月に大変動がありまして、この時は個人ブログの順位が落ち、大企業ばかりが上位に出たりしたので、

「もうアフィリエイトダメなんじゃない?・・・」

という悲壮な声も聞かれるようになりました。

確かに・・・私が最初にこの記事を書いた当時に比べると、アフィリエイトは難しくなっているかもしれません。

例えば昔は、

「楽天とかアマゾンのページが上位に出ている商品はライバル不在だから狙い目だよ」

なんて言われたものでした。

ところが現在は、楽天やアマゾンのページ自体をGoogleが高評価するようになったので、昔とは逆に、上記のような商品は「避けるべきもの」となりました

商品名+定番キーワードでブログを量産すれば簡単に稼げる、というのはもう過去の話となってしまったわけです。

ブログ記事にしたって、昔は1記事1000文字も書けば「ボリューム十分ですね!」なんて言われていたのが、今では「3000文字程度は必要なんじゃないですか?」なんて言われる始末。

記事は文字数だけでなく、内容がそれ以上に重要となりましたので、適当にキーワードを詰め込んで長文を捏造するだけでは評価されなくなりました。

こういうことを考えると・・・確かにアフィリエイトは昔より難しくなったとは思います。

って、こうして見ると、我々アフィリエイターが、いかにGoogleの変動に翻弄されているかわかりますね。^^;

ただ、さらに考えてみますと・・・

「単純になった」とも言える

総体的には「常識的な変化」をしているんじゃないかとも思えます。

まあ部分部分を見ると、

「え? なんでこんなサイトを上位表示させてんの? おかしくない?」

と思うことはありますが。^^;

それにしたってじわじわと修正されて、ふさわしいページが上位に出てくるように変わって行っている印象です。

そして、その変化の方向はどこを向いているのかと言うと、

「訪問者目線」
「ユーザーファースト」

ということになります。

「ユーザーのことを第一に考えれば、それ以外はすべてあとからついてくる」

とグーグルさんは言っていますが、まさにその方向に進んでいるのでしょう。

だから私たちも、目先の変化、小手先の技に気を取られず、Googleと同じ方向を見てサイトを作っていけば、少なくとも「SEO的に強いサイト」はできるはずです。

そう考えると・・・ブラックハットSEOのあらゆる手練手管が駆使された昔よりも、サイト作りは単純になったとも言えます。

まあそれでも、「アフィリエイトは昔より難しくなった」という印象は拭えませんが。

「稼げなくなった」わけではない

でも「難しくなった」からと言って「稼げなくなった」わけではありません。

アフィリエイトの絶大なメリットは昔と変わらず存在しています。

  • ビジネスの中で金銭的コストは最小
  • うまく行った場合の収入は非常に大きい
     =超ローリスク、超ハイリターン
  • すべて自宅でできる
  • 好きな時間にできる

「でも、うまくいかなかったら莫大な時間が無駄になるんじゃない?」

と思うかもしれませんが、それも違います。

たとえアフィリエイトで稼げなくとも、

  • ビジネスの知識が得られる
  • SEOの知識が得られる
  • サイト作成スキルを得られる
  • 記事作成スキルが得られる
  • コピーライティングのスキルが得られる
  • 動画作成スキルが得られる

等々。

いろいろな資産が自分の中に築かれることになりますし、かつ、これら資産は決して失われることがないものです。

これらを生かして、アフィリエイト以外の収入につなげることができます。

単純に、「記事作成」だけ取ってみても、WEBライターとして収入を得ていくことが可能です。

知識を総合的に活かすなら、コンサルティングで収入を得ていくことも可能でしょう。

これらのメリットを見ると、アフィリエイトもまだまだ、「副業候補No.1」の地位を守っていると言っていいのではないでしょうか。

旧記事:アフィリエイトで稼げない人と勉強ができない人の共通点

頭が悪い? 違います。要領が悪いんです。

どういうことか説明しましょう。

受験に失敗する人はこういう人

私は自分でも受験勉強をしましたし、アルバイトで塾の講師も長年やりましたので成績が上がらない人の共通点はある程度わかります。

それは、

無駄なことにエネルギーを費やしている

ということです。

たとえばものすごく綺麗にノートをとっている人。こういう人は「きれいなノートを作る」ことにエネルギーのほとんどを使ってしまって、それ以上のことはできなくなってしまいます

きれいにノートを取ることに忙しくて授業の内容なんか頭に入ってないんです。確かにノートはとってるけど、ほとんど写経状態。

つまり、「テストで点を取る」ための知識やノウハウの習得をする余裕がなくなっているというわけですね。

あとは、「どうでもいい細かい知識にこだわる」というのも成績が上がらないパターンですね。

これもまた、どうでもいいことを憶えるのにエネルギーを使い果たしてしまうということです。

「自分は頭が悪い」という間違った結論に至る

こういうことをしていると、

「勉強時間は長いのに成績は上がらない」

ということになってしまって、

「ああ、自分は頭が悪いんだ」

という間違った結論にたどり着くことになります。

アフィリエイトに見られる同様のパターン

そしてこれは、アフィリエイトでも同じです。

たとえばアフィリエイトを始めた人が、サイトのデザインばかりにこだわってしまうパターン。

サイトの見た目をきれいにするためにエネルギーのほとんどを使ってしまう人ですね。

もちろん、サイトのデザインは大事ですが、アフィリエイトを始めたばかりの人ならほかにエネルギーを注ぐべきことがたくさんあります。

サイトのデザインなんて、ある程度アクセスが来始めてから修正すればいいんです。

それから、アフィリエイトには必要ない知識を細々と勉強してしまうパターン。

たとえばHTMLの知識、SEOの知識、こういうものにハマってしまう人が多いですね。

でもそれ以前にやらなければならないことはたくさんありますし、SEOなどは下手にハマると地獄を見ることになります。

「自分には稼ぐ才能がない」という間違った結論に至る

そうして、大事ではない部分にエネルギーを注ぎ続けた結果、

作業はしているのにアフィリエイトの成果は上がらない

ということになってしまいます。

その結果、

「自分には稼ぐ才能がないんだ」

という、間違った結論にたどり着くわけです。

やはりアフィリエイトにしても学校の「お勉強」にしてもエネルギーを注ぐべきポイントを見極めてそこに集中していくのが鉄則なんです。

 

コメント