ニートの末路が心配?~ニート脱出しなくても豊かになれる理由

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

ニートっていう言葉は、
人を馬鹿にするために使われることが
多いようですね。

働きもせずに親に養ってもらって
ぶらぶらしてるやつ

という感じでしょうか。

「ニートでないことがつらい」ことの裏返し

でもまあ、ニートが罵倒語として使われるのは
ニートではない「雇われ」の身が悲惨であることの
裏返しとも考えられます。

俺達はこんなに大変な思いをして
生活費を稼いでいるのに、
あいつらはなんだ!

というわけです。

でも。

ニートのままでも「豊か」になれるとしたら
そう馬鹿にしてもいられないことになります。

社長もニート?

そもそもニートの意味ですけど・・・

元々はイギリスのお役所が使った言葉なんですね。

アルファベットでNEETと表記しますが、これは

「Not in Education, Employment or Training」

の略です。

Education=教育
Employment=雇用
Training=訓練

という意味ですので、NEETというのは、

学校に通っているわけでもない
雇われているわけでもない
職業訓練中でもない

ということになります。

ということは、ニートの意味からすると・・・

会社のオーナーも、
不動産収入で生活している人も
投資やトレードで生活している人も・・・

みんなニートですね。^^

もっと実現しやすいところで行くと・・・

アフィリエイターもせどらーも、
インフォプレナーもみんなニートです。
個人事業主はニートです。

ニートのまま豊かになれるのが幸せ

ということですので、
ニートはニートのまま豊かになれますし、

むしろニートのまま豊かになる方が
幸せだとも言えます。

ブラックな企業に心身を破壊されることに比べれば。

ニートの大きな強み

そして、ニートという状態は、
たとえばアフィリエイトをやるにしても
非常に恵まれた状態だと言えます。

当面の生活の心配はないわけですので
腰を据えてサイト育成に取り組むことができます。

つまりアフィリエイト挫折の最大要因である
「焦り」を感じずにすむということです。

さらに、時間的に非常に恵まれています

これは外で働いている人に比べると
圧倒的なアドヴァンテージです。

それどころか食事の準備や
掃除洗濯など身の回りのことも
全部親がやってくれているとしたら・・・

時間は有り余っているはずです。

その強みを生かさないでどうする

この豊富な時間をすべて、
サイト構築に振り向ければ・・・

アフィリエイトで稼げないほうがおかしいです。

ニートって、すごく有利な立場なんですよね。

なので、自分はニートだからどうしよう
悲惨な末路が・・・なんて無駄に悩むより、

ニートの強みを最大限活かして
豊かになることを考えるべきです。

そしてその強みは永遠のものではないのだから、
すぐにでも行動に移るべきですね。