在宅コールセンターのアルバイト収入とデメリット、インバウンドとアウトバウンド

この記事は約5分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

コールセンターというと、オフィスでヘッドセットをつけた女性がパソコンに向かって・・・

というのをイメージするかもしれませんが、アルバイトとして在宅でやっている人も多いです。

男性でもやっている人がいます。

副業として考えている人も多いと思いますので、在宅コールセンターのアルバイトでどれくらいの収入が得られるのか、また、メリット・デメリットについてもお話ししてみましょう。

在宅コールセンターの収入は最大限やっても…

まず、在宅コールセンターのバイトの収入ですが、最大限に仕事をこなしまくると、時給1500円程度になると言われています。

時給1500円というと「なかなかいいじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、最大限効率的にやった場合だということをお忘れなく。

数分に一件の割合で仕事を処理できた場合の収入です。

ということは、これをたとえば3時間以上とか、ぶっ続けで行うなんてことはちょっと現実的ではないということになります。

そんなことをすればミスも増えてくるでしょうし、体がもたないでしょう。

在宅コールセンターのバイト収入を現実的に計算してみる

ですので、現実的なところとしては、時給800円くらいのペースになりそうです。

それですと月の収入は・・・1日3時間で週5日働くとすると、月収5万円程度になりそうです。

また、時給500円くらいで、のんびり仕事をするという人もいます。同様に計算すると月の収入は3万円ちょっとですね。

その辺はうまく仕事を選べば、自分の好きな時間に自分のペースで働くということができるかもしれません。

それが在宅コールセンターでバイトすることのメリットといえるでしょう。

ただ、自分にとって都合のいい内容のものを見つけるのはなかなか難しいというのが現実のようです。

在宅コールセンターのデメリットその1

ではデメリットはないのかというと、デメリットも当然あります。

まず、業務の内容にもよりますが、「サポート」などが中心になりますと、クレームの処理に追われることになります。

この場合、時給も高めになりますけど、一日中クレーム対応していると・・・・

一日中ひどい言葉をぶつけられるかもしれませんのでこれは疲れます。

それで、コールセンターをすぐやめてしまう人も多いようです。

在宅コールセンターのデメリットその2

それなら時給の低い楽な仕事を選べばいいかと考えるかもしれませんけど、それですと今度は、ずっとパソコンの番をしていないといけません。

あ、パソコンの番というのは、電話で対応をするのではなく、スカイプのような通話ソフトを使って対応することが多いからです。

それで、一日何時間も、パソコンを見張っていなければならないとなると、たとえばサラリーマンの副業としては難しいですよね。

これは副業としては大きなデメリットです。

在宅コールセンターのバイト最大のデメリット

また、最も大きいデメリットとしては、発展性がないということです。

在宅コールセンターのバイトは自分の時間を「切り売り」するものですので、やらなければそこで収入ストップです。

アフィリエイトのように、あなたが寝ている間もサイトが稼ぎ続けてくれるということは在宅コールセンターの仕事にはありませんし、ビジネスとして大きくしていくこともできません。

また、「代わりはいくらでもいる」仕事ですので雇い主の都合で簡単に仕事はなくなります。

アルバイトで在宅コールセンターの仕事をする場合は収入以外にもそういうデメリットにも注目する必要があります。

ただ、主婦の場合であれば、決められた時間パソコンの前にいるというのは比較的容易かもしれません。

ですので、どうせパソコンの前にいるのなら、在宅コールセンターの仕事をこなしつつ、アフィリエイトも実践していく、というのはよい方法かもしれません。

それを続けていれば、そのうちアフィリエイト収入のほうが大きくなって、在宅コールセンターのバイトは不要になってしまうことでしょう。

インバウンドとアウトバウンドで大違い

もう一つ注意点をお話ししておこうと思います。

それは、在宅コールセンターにはインバウンドとアウトバウンドがあるということです。

インバウンドとアウトバウンドという言葉の感じからだいたいわかるものなのかもしれませんけど・・・

在宅コールセンター・インバウンドとは

在宅コールセンターでインバウンドのオペレーター業務というと、入ってくる連絡に対応する仕事ということになります。

たとえば、通販で何かの購入をしたいとか、あるいは商品に関する問い合わせや質問とか、その他クレームとか・・・

お客さんの方から連絡を取ってきた時にそれに対応するのがインバウンドの在宅コールセンターです。

在宅コールセンター・アウトバウンドとは

ということは在宅コールセンターのうちアウトバウンドのオペレーター業務がどんなものかは・・・だいたい想像がつきますね。^^

つまり在宅コールセンターのオペレーターの側から外部の人に電話をかけていく仕事になります。

簡単に言うと「電話セールス」ですね。

そしてこれも想像がつくと思いますが、電話セールスなんて100%嫌がられます。

「やった、セールス電話をかけてくれてありがとう!」

なんて。

まずありません。(笑

時には怒り狂う人もいます。^^;

ですので、在宅コールセンターのホームオペレーターをアルバイトでやろうという場合は、インバウンドのほうが楽、ということになります。

ただやはり、そういう苦労をして時間を切り売りするくらいなら、アフィリエイトに取り組んで、ネット上に資産を構築していくほうが比べようもなくいいのではないかなと思います。

コメント