苦しいのに耐えて頑張るのは美しい、という洗脳

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

特に日本人はそうだと思います。

子供の頃からそういう教育を受けてきたのではないでしょうか。

「苦しみに耐えるのはよいこと」
「苦労は買ってでもしろ」
「自己犠牲は美しい」
「楽をしようとするな」
「お金は汚い」

等々。

私はこういうのはすべて「洗脳」だと考えています。強制が伴わないからマインドコントロールと言うべきでしょうか。まあ、どっちでもいいですね。

何のための洗脳か

じゃあ何のための洗脳かというと、それはもちろん

「都合の良い労働者を量産するため」

です。

上記のような考え方に凝り固まっている人は、会社であれ役所であれ、組織のために黙って働いてくれますよね。

そういう人が増えたほうが、「人を使う側」にとっては好都合です。

「いや、夢を叶えるために苦しみに耐えている人もいるでしょ?」

と思うかもしれません。

そうですね。

それも「苦しみ」と呼べないこともありません。でもそれは区別しておかないと洗脳の罠にはまってしまいます

じゃあどう区別すればいいのか?

「苦しみ」を混同するなかれ

以下のように区別します。

①不安や恐怖で「脅迫」されて嫌々やっている
②夢を実現するためにやりたいことを夢中でやっている

①に当てはまる場合、これは「苦労は美しい」洗脳にしてやられていると行っていいでしょう。

②の場合は、はたから見ると苦しんでいるように見えるかもしれないけど、やっている当人はやりたいからやっているわけで「苦労している」「苦しんでいる」という感覚はありません

だから、外部から見ると「ブラック」に見えるような企業でも、働いている人が全員②のような状態であれば、それはむしろ良い企業と言えるでしょう。

漫画の主人公が苦しみに耐えているように見えるのだって、実は自分のやりたいことに熱中しているだけですよね。

でも、「洗脳」が巧妙なのは、②の例を見せつつ現実としては①を多くの人に押し付けることです。

そして多くの人は①と②を区別しないから、無意味に苦しみを耐え続けることになります

そうして死ぬまで苦しみに耐え続けるか・・・途中で壊れるかしてしまいます。

苦しみの後に幸せが来る?

「苦しいのを我慢して頑張ればいつか幸せになれるよ」

という信念を持って生き続けると、死ぬまで苦しいのに耐え続けることになります。

斎藤一人さんも

「苦しみの後にやってくるのは苦しみ」

とおっしゃっています。

まさに、幸せなのは死ぬときだけ、という笑えないことになってしまいます。

だからそろそろ「苦労は美徳」洗脳に気づかねばなりません。

そろそろというか、今すぐ考え方を変えねばなりません。

①と②の違いを、いつも意識しているようにすべきでしょう。

自分がやっていることに「苦しみ」や「苦労」を感じたら・・・それは「間違ったことをしているからだ」と思うべきでしょう。

別の道を選べというサインではないかと、立ち止まって考えてみるべきでしょう。

私たちは「楽しむため」に生まれてきたのだから。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための
「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ