情報商材が過剰に「詐欺」扱いされる理由

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

もちろん「自業自得」という側面もあります。

詐欺的な「情報商材」があまりにも多かった。

ほかでもない、私が初めて買った情報商材、それから2つ目に買ったもの、3つ目に買ったものも「詐欺」と呼んでも良いような内容でした。

まあそれももう、今から12年以上昔の話になりますけど。^^;

でもそれでも中にはすごく内容の良い「教材」と呼べるものも多いんです。昔と違って、今はインフォトップなどのチェックも厳しいですから。

私が始めた頃よりもはるかに良くなっているにもかかわらず、その頃よりはるかに激しく

「詐欺! 詐欺! 詐欺!」

と連呼される。

「情報商材は全部詐欺」

と決めつける人もいる。

これはなぜか?

それには以下のような理由があります。

①「ぶっ叩き」作戦
②認めたくない
③独立されると困る

すぐに思いつくのはこの3つです。

①「ぶっ叩き」作戦

これはどういうことかというと・・・

ほとんどのものを「詐欺」と決めつけておいて、自分が関わっている商材だけ「これはめずらしく素晴らしい内容です」とやると信憑性が高まる、ということです。

こういう作戦をとっているブログはよく見かけると思います。

②認めたくない

「認めたくない」というのは、たとえば現在とても苦しい職場で、がまんしてがまんして働き続けているとします。

嫌で嫌で仕方ないけど、そこから抜け出すために新しいことにチャレンジする勇気もない。

そういう人が、「独力でお金を稼いで自由な人生を満喫している」人を見ると、

「そんなもの嘘だ! 詐欺だ!」

と言いたくなることもあるでしょう。

そして。

③独立されると困る

これは②を補完するものです。

ひどい条件で②のような人を酷使している「雇い主」からすると、アフィリエイトなどで稼げるようになる人が増えては困るんです。

そりゃそうでしょう。自分にとって「都合の良い」人材が減ってしまう。

その上、今は黙って働いてくれている人が変に「希望」を持って反抗的になったりしても困る。

ブラック企業の雇い主からすると、従業員の「希望」なんてないほうがいいのです。

「君たちは私が捨てるまでうちで黙って働いていればよろしい」

というわけ。

そういう人たちは情報も操作するでしょうから、

「情報商材なんて全部詐欺」

という考え方を「常識」として流布しようとすることでしょう。

まとめ

以上。

情報商材が過剰に「詐欺」扱いされる理由は

①「ぶっ叩き」作戦
②認めたくない
③独立されると困る

ということでしたが、もちろん、相変わらず詐欺的な内容のものも多いのは事実です。

ただ、だからといって全否定するのは間違いです。産湯と一緒に赤子を捨てるようなものです。^^;

最近も、トレード関連で「ほんもの」の教材を見つけましたし。^^

それが何かを知りたいかたは、ご連絡くださったらこっそりお教えします。(笑

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための
「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ