内部リンクのSEO的意味の変化~2019年

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

内部リンクは昔からSEOに有効だと言われていましたが、昔と今では若干その重点が変わっています。

昔の内部リンクSEO

昔はどうだったかというと、もっぱら「機械目線」でした。

つまり、

・クローラーを回す
・リンクパワーを送る
・キーワードにSEOかける

という考え方から、内部リンクを扱っていました。

※クローラー(Googlebot)とは

もちろん現在でも、どれも大事なことではありますが、でも今はそれ「だけ」では効果はほとんどなくなってしまいます。

じゃあこれら以外に何を考えないといけないかというと・・・

現在忘れてはならないこと

上に「機械目線」と書きましたので、残りはもちろん「人間目線」ですよね。

つまり

「訪問者にとって意味のある内部リンクでなくてはならない」

ということです。

クリックしてもらえるような内部リンクでなくてはSEO的にも意味がないということ。

訪問者にとって意味のある内部リンクであれば、まず単純にページビューが増えます

そうすると、

「訪問者が直帰してしまうのではなく、いろいろ見て回りたくなるような情報があるサイトなんだな」

ということでGoogleから評価されやすくなります。

ロングテールからビッグワードへ

また、内部リンクによって、特定のページに多くのアクセスを流した場合、

「多くの人が読みたくなるようなページなんだな」

ということで、そのページ自体が上位表示しやすくなったりもします。

たとえば、最初はロングテールアクセスを集めているだけのサイトでも、そのアクセスをトップページに集めることでトップページの評価が上がり、トップページのビッグキーワードでも上位表示できるようになる、ということが起こるわけです。

「当たり前」になってきた

でもまあ考えてみますと・・・

昔の「リンクパワーを送る」とか「クローラーを回す」なんて考え方のほうが特殊なんですよね。

そんな特殊な考え方が重視された時代から、「訪問者が便利なように」というごく当たり前の考え方へと変わったというだけのことです。

その意味では、SEOも昔に比べると「普通の人にとって理解しやすいものになった」と言えるのではないでしょうか。

こんな勘違いに注意

ただこれを、意識的に利用するとなると上述のように「上位表示させたいページにアクセスを流す」ということになるのですが、ここで勘違いする人も出てきそうです。

つまり

「アクセスを流せばいいんでしょ」

とばかりに、「だましリンク」的なことをやってしまう人もいるんじゃないかということ。

でも「人間目線」のSEOを考えれば、これは間違っていることは明白です。

せっかくアクセスを流しても「だまされた」と思われて、即離脱されたのでは逆効果になりかねません。^^;