スモールキーワードからビッグキーワードを狙うSEO

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

まずスモールキーワードで練習して・・・という話ではなく、同サイト内での話です。

ですが、ブラックハットとホワイトハットでは、スモールからビッグを狙うと言ってもやり方が違います。

まあ当然ですけど。^^;

ちなみに、スモールキーワードは検索回数の少ないキーワードで、ロングテールキーワードとかニッチキーワードと言っても同じようなものでしょう。

ロングテールSEOとは~ロングテールキーワードを狙う方法

さて。

ブラックハットSEOの場合

ブラックハットSEOでスモールワードからビッグワードを狙う場合。

これは単純で、スモールキーワードを狙って作った個別ページにも自演のリンクを当てて、サイト全体のパワーを上げ、トップページで狙っているビッグキーワードを上位表示させよう、というやり方です。

もちろんトップページにも自演のリンクを送ります。

で、自演リンクの手間を省く、かつ「自演に見せない」ために、中古ドメインを利用したりします。

これが古来(笑)行われてきた方法。

ホワイトハットSEOの場合

ではホワイトハットSEOではどうするのかと言うと・・・もちろん自演のリンクは使えませんし、中古ドメインも使いません。

最初から真面目に(笑)サイトを作り、まずはスモールキーワードやロングテールでアクセスを拾っていきます。

で、アクセスしてくれた人に、最大限サイト内を見てもらえるよう工夫します。

そうするとサイト滞在時間が増え、サイト全体の評価が高まってきて、最初は上位表示できなかったようなキーワードも上がりやすくなっていきます。

また、トップページでビッグキーワードを狙っているのだから、スモールキーワードでやってきたアクセスは、最終的にトップページに行き着くように誘導します。

こうすることでトップページの評価も高まっていきます。

まとめ

つまり、

・うまく誘導してページビューを増やすことでサイト全体の評価を上げる
・ビッグキーワードを狙っているページ(トップページなど)にトラフィックを集めることでそのページの評価を上げる

この2つの効果でビッグキーワードを上位表示させようという考えです。

だから「内部リンクが大事ですよ」と言っても、ただ単に関連ページに内部リンクを貼るだけでなく、最終的にどのページを狙っているのかも意識しておいたほうがいい、ということです。

トップページ単体でも成り立つ考え方

ただ、個別ページ→トップページという流れだけでなく、トップページ単体でもこの方策は成り立ちます。

どういうことかというと・・・

トップページのタイトルにもビッグワードだけでなく関連ワードを入れますし、トップページの記事内にもロングテールワードを散りばめるわけですよね。

だから最初はトップページでもスモールワールドでアクセスを集めることになります。

で、アクセスした人が即帰ってしまわないような役立つ内容なら、ページ滞在時間が増えますのでトップページの評価も徐々に上がってきます。

そしてそのうち、ビッグキーワード単体でも上位を狙える力がついてくる、というわけです。