ブログ量産アフィリエイトの方法~ペラサイト作戦成功と失敗談

この記事は約8分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

ブログ量産をするアフィリエイト手法はおすすめできない
ということでしたが、いまだに稼げる手法でもあります。

ということで私がブログ量産アフィリエイトで稼いだとき、
いったいどの程度量産したのか、またどんな方法で量産したのか、
お話ししてみようと思います。

あなたがブログ量産アフィリエイトに着手するか
それともほかの手法を選択するかを決める
参考になれば幸いです。

ブログ量産アフィリエイトの方法1~アフィリエイト可のブログを確保

まず、ブログ量産のためには、
アフィリエイト可の無料ブログを探しておかなければなりません。

私が使っていたのは以下の通りです。

・シーサーブログ
・FC2
・ジュゲム
・忍者ブログ
・ティーカップブログ
・みぶろぐ
・サブライムブログ
・ソネットブログ
・ウェブリブログ
・さくらブログ

ライブドアブログやアメブロなども使ったことがありますが
アフィリエイトに対して厳しくなりましたので
使うのをやめてしまいました。

また、さくらブログは
有料のさくらサーバーをレンタルしなければ使えません。

ブログ量産アフィリエイトの方法2~無料メアドも量産

これらのブログを利用して、
1カ月あたり200~300のブログを立ち上げます。
ひょっとしたら300以上立ち上げていたかもしれませんが
ちょっと記憶があいまいで・・・(笑

まあ少なく見積もって200ブログ量産としましょう。

そうすると、上記10種のブログを、
20回使うことになりますね。

ですので単純に言って、無料メールアドレスが
20個必要になります。

ということで、無料メールアドレスは
暇なときにたくさん取っておきます。

私がよく使っていたのはGooメールとエキサイトメールです。
この2つにした理由は特にありませんので
ヤフーメールでもいいと思います。

ブログ量産アフィリエイトの方法3~商品名キーワードでブログ立ち上げ

それでブログを立ち上げていくのですが、
タイトルにはあらかじめ調査して決めておいた
商品名キーワードを入れます。

それで、同じ商品名キーワードで3個ずつブログを立ち上げていきます。
3個一組ということですね。

同じ商品名キーワードといっても組み合わせるキーワードで
微妙に変えていきます。

ブログ量産アフィリエイトの方法4~物販の定番キーワードを使う

それには物販のための「定番」キーワードを用います。

例えば「スカルプD」という商品名で作るとすれば、
「スカルプD 激安」「スカルプD 格安」「スカルプD 最安値」
といった具合ですね。

こういう定番キーワードにはどんなものがあるのかといいますと、

激安、格安、最安値、送料無料、在庫あり、通販

などですね。要するにその商品を買おうと思っている人が
検索窓に打ち込むようなキーワードです。

ブログ量産アフィリエイトの方法5~最低限のカスタマイズ

ブログ立ち上げはスピード重視ですので特にカスタマイズはしませんが、
コメントやトラックバックは禁止にしておきます。

また、忍者アクセス解析はそれぞれに設置していきます。
同じ商品名のブログには同じアクセス解析を設置します。

また、アップする記事は1記事のみですが、
300文字以上は書いておきます。
アフィリエイト広告はまだ貼りません。

そうしてどんどんブログを量産していきます。

ブログ立ち上げのペースとしては、
だいたい月の始めと半ばに100ブログずつですね。

ブログ量産アフィリエイトの方法6~選択と集中

ブログを立ち上げた後はアクセス解析をチェックします。
これで、1日に1回でもアクセスがあるようなブログは
「有望」と判断して、文章量・記事量を増やして強化します。

だいたい1記事500文字以上で10ページ以上アップしたいところです。

そしてここでアフィリエイト広告も貼り付けます。

つまり、最初の段階でどんどんブログを立ち上げるのは
「試し打ち」をしているというわけです。

そうして「有望」と思えるもののみ、
記事を入れて強化し、アフィリエイト広告も貼るということですね。

ブログ量産アフィリエイトの方法7~検索結果の独占

さらに、その後の観察で、
そのアフィリエイトキーワードとアフィリエイト広告で
稼げるとわかったら、同じキーワードと広告で
ブログを増やしていきます。

検索結果の1ページ目を自分のブログで埋め尽くすくらいのつもりでブログを作るというわけです。

以上が私の行っていた、ブログ量産アフィリエイトの方法ですが、これを続けてだいたい月の収入が10万円を超えるくらいになります。

ただこの方法を聞いて・・・やる気になるでしょうか?

そして徒労となった

私は実際にこの方法で月10万円を超えたのですが、でもこうやって作った量産ブログって、長続きしないんです。

だから同じ作業・・・この、とんでもなく面倒な作業を延々続けないと、収入を維持できない、ということになります。

それで、せっかく10万円を超えたのですが、嫌になってしまったわけです。^^;

「時給で働くのと変わらないじゃん」

と思ってしまったわけです。

で、手を止めると、量産ブログはどんどんダメになっていって、今では1円も生み出さないものとなっています。

 

私としてもこのブログ量産アフィリエイトは非常に面倒だと思いますので、人には勧められないかなと思っています。

ただ、「これくらいなら何でもない」と思う人はブログ量産アフィリエイトをやってみてもいいかもしれません。

多くの人が「面倒だ」と思うわけですから、
そのぶんライバルも少ないといえますので。

ただし、収入源が積み重なっていくような
アフィリエイト手法ではありませんね。

ブログやペラサイトの量産アフィリエイトが「昔は」推奨された理由

昔はブログやペラサイトは量産すべし
というのが常識でした。

ただその方法は非常に面倒で、
挫折する人も多かったのですが、
それでもなお効果が高い方法として推奨されていました。

「数稽古、数稽古」
私が初心者の頃にはことあるごとに言われたものでした。

初心者はブログ量産から始めよ?

それで今でも、まずは下の階層から、
つまりブログやペラサイト量産から手を付ける
という情報教材も多いんです。

古くはアフィリエイトファクトリーがそうですし、
最近ではルレアが有名ですね。

ネオノンバトルアフィリエイト(改)などは
ブログ量産アフィリエイトに特化しています。

なぜブログやペラサイトの量産から始めることが
常識とされ、今でも勧める人がいるのかということですね。

非常に多くの労力を
費やさなければならないにもかかわらず!

アフィリエイト初心者を挫折させる、
最大の要因であるにもかかわらず!

ブログやペラサイト量産の目的

ブログあるいはペラサイト量産の目的の一つとして、
「キーワードの試し打ち」があります。

よさそうなキーワードをみつけたけど、
これで本当に上位表示できるのか、アクセスが来るのか・・・

候補になっているキーワードすべてをテストするために、
そのキーワード分のブログを量産するわけですね。

これに関してはHTMLのペラサイトよりも
ブログのほうが適しています。

なぜなら無料ブログなら、特に意識しなくても
最初から被リンクが付いているからです。

それでさくっと作ってみて
キーワードのテストができるというわけですね。

でもそれなら、1つの無料ブログで
全部やってしまってもいい気がします。

その方が、面倒が少ないですからね。

なぜ量産でなければならなかったのか?

にも関わらず、キーワード一つにつき
ブログ一つの割合で量産せよと言われたのは・・・

まずはブログのトップページのタイトルに
キーワードを入れられますので、
上記、無料ブログの被リンクの関係から
SEO的に有利ということがあります。

もう一つ、こちらの方が理由として大きいのですが、
量産したブログはあとで、自作自演被リンク用の
サイト群として活用できたんです。

この小規模ブログ群からメインサイトへ
リンクを送ってやるというわけですね。

だから無駄にならなかったんです。

アフィリエイトファクトリーの
キャッチコピーの一つとして、

「バックリンクでも稼ぐ」

というフレーズがありますが、
これなんかまさにこのことを物語っています。

最初の段階で作るペラサイトは
「バックリンクのため」
最初から意識しているんです。

ところが現在では事情が変わってしまいました。

バックリンクサイト群としての価値を持ち得なくなった

最初の段階でコツコツとブログやペラサイトを量産しても、
あとで被リンク用に利用することが
できなくなってしまったんです。

正確には「できない」わけではありませんが、
プラスとマイナスで考えれば
マイナスの方が大きくなったということですね。

ハイリスク・ローリターンとなってしまった
ということです。

ということは、必死に量産したブログのほとんどが
無駄になってしまうということでもあります。

「将来これは資産になるから」というのなら
地獄の量産にも耐えられるでしょう。

でもそのほとんどが徒労に終わるとしたら?

アフィリエイト初心者の方の多くが
挫折してしまって当然です。

なので現在は、
まずブログやペラサイトの量産から始めるという
必然性がなくなっていると考えられます。

にも関わらずいまだに「ブログ量産から始めましょう」
と勧める人は、昔の常識をただそのまま
繰り返しているだけではないのでしょうか。

「なぜそれが勧められたのか」を考えることなく。

新しい教材は、流れの変化に気づいている

今では、量産から入るのではなく、
一つのブログにページを増やしていくことから入る
という情報教材が増えてきています。

最も有名なところでは
「新下克上アフィリエイト」があります。

新下克上アフィリエイトレビュー

これは一つのごちゃまぜブログから
特化ブログへと展開していきます。

そうして一時的な力しか持たない
トレンドアフィリエイトを、
継続的なものへと変えていきます。

「イメージングアフィリエイト」もそうですね。

イメージングアフィリエイトレビュー

こちらはもっと徹底していて、
最初の段階のトレンドブログは
「テスト用」と割りきって使っていきます。

そして新下克上やイメージングアフィリエイトで
結果を出している人が多いということは
この方法が有効であることを示しています。

もう「ブログ量産アフィリエイト」という呪縛から
解き放たれていい時代といえそうです。