SEO対策の歴史~変化に対応する必要はあるのか

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

SEOの泥沼にはまらないためにということを前に書きました。

SEOとは何か

なぜこんなことを書いたのかというと、
検索エンジンのアルゴリズムとして
「変わりやすい」部分を追いかけても

結局徒労に終わってしまうからということでした。

ということでどれほど検索エンジンのロジックが変わってきたのか、
SEO対策の歴史を振り返ることで見ていきたいと思います。

もっとも、私がネットビジネスを始めたのは
2006年ですので、それ以前の詳しいことはわかりませんけど。

SEO対策の歴史1~黎明期

まず私がネットビジネスに参入する2006年以前の
SEO対策ですが、単にヤフーカテゴリーに登録したり、
あとはページにキーワードをつめ込んだりという方法
効果を発揮していたようです。

ヤフーカテゴリーというのは、Yahoo JAPANが運営していた、ディレクトリ型の検索システムです。

まあ、簡単にいえばリンク集ですね。

当時はヤフーカテゴリーのバックリンク効果を得るというより、日本最大のリンク集だから人が集まるという理由で、ヤフーカテゴリー登録が有効性を持っていたようです。

あと、キーワード詰め込みに関しては・・・
これはかなりきわどいことが行われていたようですね。

文字の色を地の色と同じに、たとえば白などにしてしまって、
あとはそれを何百回も羅列するだけ。

完全に、検索エンジンのことしか意識していないSEO対策ですね。

そして当然、この方法はスパム認定されます。(笑

SEO対策の歴史2~バックリンクさえあればいい時代

次に、私がアフィリエイトを始めた2006年ころの話ですが、
このころはやたらと無料ブログが強かったです。

ですので無料ブログでサイトを作ればそれだけで稼げた、
という人もたくさんいました。

SEO対策としては、とにかくバックリンクの量が大事だと言われていました。

バックリンクというのは被リンクともいいますけど、
自分のサイトが、他のサイトからもらっているリンクのことです。

これが多いほどいいということで、
「100相互リンクをしましょう」ということも言われました。

また、SEO対策として単純にバックリンク用のサイトを増やして
そこから自分のメインのサイトへリンクを送る
という方法が流行りました。

それでひどいのは、リンク元となるサイトの質は問われないということです。
当時は天下のグーグルの性能もその程度だったんですね。

ただ単に、リンク元になるサイトに、
たくさんキーワードが含まれていればいい、という程度のもの。

「SEO対策の専門家」もこの程度だった

当時、自称「SEOの専門家」の方の
リンク元ブログを見せてもらったことがありますが、
単語をランダムに組み合わせただけの、
意味不明の文章がつめ込まれたものでした。

そういうサイトをツールで量産して、
そこからメインのサイトにリンクを送れば上位表示できたというわけです。

しかも、サブドメインが違えば被リンクとしてカウントされるということで、
一つだけ独自ドメインをとって、そこに数百のサブドメインを作って、
そのサブドメインサイトに意味不明の文章を突っ込み、
そこからリンクを送ることで上位表示させる、という人もいました。

ちなみにサブドメインとは・・・

サイトのURLってこうなっていますよね。

http://aaa.bbb.com/

この「aaa」の部分をサブドメインと呼びます。
「bbb.com」という独自ドメインさえとってしまえば、
サブドメインの部分は自分で好きなようにいくらでも作れるんです。

それを悪用(笑)してのSEO対策ということですね。

この方法はそのデタラメさにもかかわらず、
けっこう長い間通用していたようです。
まあそれでもいつの間にかダメになってしまいましたね。

さすがグーグルです。

SEO対策の歴史3~ヤフーの大穴

あ、グーグル、グーグルと言っていますけど、
当時はヤフーはヤフーで独自の検索エンジンを使っていました。

だからグーグルとヤフーで検索結果が違っていたんです。

それで、利用者としては日本ではヤフーのほうが圧倒的に多かったので
SEO対策をする人はヤフーをターゲットにすることがほとんどでした。

それで2006年だったか2007年だったか、
その頃のヤフーにはものすごい穴がありました。

それは「日本語ドメインを異常に高く評価してしまう」というものです。

日本語ドメインは現在のグーグルでも高評価を得やすいのですが
当時のヤフーはその比ではなく「バグ」じゃないかとさえ言われていました。

それで私も簡単に稼がせていただいた思い出があります。(笑

ただやはりヤフーも対策を打ってきて、
今度は反動と思えるほど日本語ドメインを「迫害」してきました。

そして私の収入も一気に減ってしまいました。(泣

まあ、そういう小手先のSEO対策は徒労に終わるという良い例ですね。

SEO対策の歴史4~ヤフー心と秋の空

その後ヤフーは、SEO対策を避けるためか、
定期的に検索アルゴリズムを変える、ローテーションさせる
という作戦に出ました。

それで多くのアフィリエイターが、
上位表示せきたと喜んでいたらサイトが消し飛んじゃった、
なんていう「悲劇」を体験し、胃や頭皮に大ダメージを受けたのでした・・・

さて。

さすがに「でたらめなサイト」からリンク送るとい「SEO対策」はスパムとされましたが、それ以後も「被リンクが多ければいい」ということは変わりませんでした。

それで、リンクを送るときに大事なのが「アンカーテキスト」でした。

アンカーテキストというのは、
リンクとして表示される文字のことですね。

青い文字で、アンダーラインが引いてあったりするあれです。

SEO対策の歴史5~自作自演の被リンク

SEO対策の歴史として、「被リンクの量」が大事な時代が
長く続いたということをお話ししました。

それで、「自作自演リンク」がはやったのですが、その時重視されたのが「アンカーテキスト」だったわけです。

アンカーテキストというのは、リンクの文字のことです。
タグで書きますと、

<a href=”ここにURL”>ここにアンカーテキスト</a>

これでリンクを張ることができるんでしたね。

HTMLタグ~最低限これは知っておくべし

メインのサイトに向かってリンクを張るわけですが、
メインのサイトが狙っているキーワードを、
アンカーテキストにするということが重視されました。

メインのサイトのキーワードが「アフィリエイト 初心者」なら
アンカーテキストも「アフィリエイト 初心者」にするということです。

そうして、たくさんのリンク元のサイトを作って、
同じアンカータグでメインサイトへリンクを張る、
ということが行われました。

これが有効な時代はしばらく続いたのですが、
結局のところ、グーグルに対策されてしまいます。

ただその前に、重大な事件が起こりました。

SEO対策の歴史6~ヤフー検索の敗北

ヤフーが検索アルゴリズムの開発を放棄してしまったのです。
検索エンジンに関しては、ヤフーはグーグルに対して
「降参」してしまったことになります。

これが2010年の終わりごろでした。

これによって、SEO対策=グーグル対策ということになりました。
そしてグーグルは検索エンジンの市場をほぼ独占し、
「ネットの神」となったのでした。

現在でもヤフー検索はありますけど、
検索アルゴリズム自体はグーグルのものを使っています。
だからどちらで検索しても結果は同じなんです。

SEO対策の歴史7~金持ちが勝つSEO

さて、上記のアンカーテキストについても、
同じキーワードを用いていると、グーグルから
マイナスの評価を得るようになってしまいました。

アンカーテキストが全部同じキーワードだなんて、
「不自然」ですからね。

それ以来、メインサイトへのリンクを自作自演するとしても
「自作自演」に見えない自然さを装うことが
SEO対策する人の間で重視されることになりました。

いったいそれが、SEO対策にどんな影響を与えたのかというと・・・

・アンカーテキストは同じものばかりではダメ(分散させよ)
・リンクを送るタイミングも、ずらさなければダメ
・リンク元となるサイトは、異なるIPアドレスにすること
・リンク元となるサイトは、異なるサイト歴を持たないとダメ
・内容的に関係ないサイトからのリンクはダメ
・リンク元サイトにも他のサイトからリンクがついていないのは不自然

このような感じで、
SEO対策は非常に複雑なものになっていきました。

ただこういうSEO対策が実行できるなら
上位表示が可能でしたので、「稼げるキーワード」に対して、
数百万円のお金を投じてSEO対策をする、という人も現れました。

裏を返せば、そういう資金力のある人にしか
SEO対策は不可能になってしまったのです。

SEO対策の歴史8~グーグルの進化

しかしそういう状況は、グーグルの望むところでしょうか?
お金を持っている人だけがサイトを上位表示させることができるという状況。

望んでいるはずがありません。
グーグルが目指すのは、検索した人が望む情報を
検索上位に表示させることですから。

それこそグーグルの存在意義なのですから。

ということでグーグルは更なる進化を遂げます。

多くのSEO対策業者を絶望の淵に叩き込んだ、
「パンダアップデート」そしてその後の「ペンギンアップデート」
と呼ばれる、グーグル検索アルゴリズムの改良です。

これによって、それまでのSEO対策が否定されてしまったわけです。
数百万もかけてSEO対策を施したサイトが、
検索結果から消し飛んでしまったわけです。

それで稼いでいた人たちにとっては
非常にショッキングな出来事だったと思います。
収入がゼロになってしまったSEO対策業者やアフィリエイターもいるわけですから。

ちなみにパンダアップデートというのは、サイトの内容に関するもので、内容がつまらないのにSEO対策によって上位に表示されていたサイトの評価を落としてしまうというものでした。

ペンギンアップデートの方は2012年から実施されたのですがこちらは「不自然なリンク」を取り締まるものでした。

それまでのSEO対策だって、「自然さ」は意識されていたのに、そういう装われた自然さをグーグルが見抜くようになったということです。

これによっても、従来のSEO対策で上位表示していたサイトが検索結果から消し飛んでしまったのでした。

SEO対策に多大なエネルギーを注いできた人ほど
大きなダメージを被ったということになります。

もちろん中には、グーグルに見破られないレベルので
SEO対策を実践していた人もいて、
そういう人たちは生き残ることができました。

ただそういう人はほんの一握りです。

さて。

現状は喜ばしいのか?

以上のようなSEO対策の歴史、そしてグーグルの変遷を、
たとえば初心者アフィリエイターはどうとらえるべきなのでしょうか?

悲しむべきなのでしょうか?
喜ぶべきなのでしょうか?

これはもちろん、喜ぶべきことです。

かつては資金力があるものが勝つというのがSEOでした。

ところが現在は、もちろんいまだに被リンクは重要ですけど、
サイトの内容がずっと大事になってきています。

ですので、サイトの内容を素晴らしいものにしていくことで、
資金力がない人でもサイトを上位表示させることが
できるようになったわけです。

以前は、SEO強者にはまったく太刀打ちできなかったような
キーワードでも、勝てる可能性が出てきたわけです。

ですのでこの状況は喜ばしいことといえます。

検索する人の役に立つサイトを上位に表示させること。

これはグーグルの望んだことであり、
また検索する人にとっても好ましいことです。

この基本線に沿ってサイトを構築していくのが
王道のSEO対策ということになるのでしょう。

そして記事タイトルにした、
「SEO対策はグーグルの変化を追うべきか?」
ということですが・・・

結局、小手先のSEOの変化を追った人が
グーグルの変化によって大きなダメージを被る、
この繰り返しがSEO対策の歴史だったことがわかります。

結局のところ、上記のような基本を外さないことが
私たちにとって最良のSEO対策と言えそうです。