アフィリエイトファクトリー実践記~成果、シリウスとの相性【稼げない?いや、稼げた】

この記事は約7分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

前半に実践記、後半にレビューを書いていきたいと思います。

アフィリエイトファクトリー実践記

アフィリエイト広告の選定

当時の私は、看護師求人関係の
アフィリエイト広告に目をつけていました。

なぜかというと、看護師求人広告を扱っている
アフィリエイターのものと思しきサイトが増えつつあったからです。

だから、これはいけるのではないかなと思っていました。

ちなみにこの予想はあたっていて、
今では看護師求人関係は強豪ひしめく
ジャンルとなってしまいましたね。^^;

キーワード候補の書き出し

そこでまずはアフィリエイトファクトリーの
ノウハウを参考にしつつ、キーワード候補を
書き出していきました。

だいたい50個ほど書きだしたと思います。

当時は大して稼げてもいなかったのですが、
一丁前にドメインだけは50個くらい持っていましたので。
そのドメイン全部活用するつもりだったんですね。

キーワード50個というと多いように思うかもしれませんが、
大半が地名と組み合わせたものでしたので
50個書きだすのは別に大変ではありませんでした。

ペラサイト試し打ち

それでアフィリエイトファクトリーのやり方にそって
各キーワードごとに試し打ちのサイトを作りました。
もちろん上記のドメイン全て活用です。

その結果、ある程度アクセスが来るということがわかったので、
アクセスが少しでもあったキーワードは
それなりのサイトとして完成させていきました。

そしてさらに50個程度のサイトを追加しました。

ただ、全部いわゆる「ペラサイト」、
つまり実質1ページしかないサイトですね。

その後しばらくそのままほったらかしにしておきました。

成果発生したが…

そうすると、次の月くらいからもう、
成果が上がり始めて、1ヶ月あたりのアフィリエイト報酬が
5万円を超えるようになってきました。

成果が早かったのは、ドメイン自体もともと持っていたもので、
ある程度古くなっていたからなのでしょう。

でもその後、使用していたアフィリエイト案件の
条件が変わってしまって急に稼げなくなったんです。

それまでは「申し込み」だけで成果になっていたものが、
「面接」まで行かなければ成果として認めないというふうに
変わってしまったんですね。

こんな変え方をされては、成果が激減して当然です。

サイト自体、その広告案件に合わせて作っていたので、
100ページ全部書き換えるのは大変だなということになりました。

アフィリエイターは舐められてる?

それに加えて納得行かない思いもありました。
最初だけ条件を良くしてアフィリエイターにサイトを作らせておいて
成果が出始めた頃を見計らってアフィリエイターに不利になるよう
条件を変更するなんて・・・

誠実とは言えないんじゃないか?
アフィリエイターって舐められてる?

そんな思いから、しばらくやる気を失ってしまいました。

思えばそこでエネルギーを集中して、
メインサイトである「ファクトリーサイト」まで構築していれば
大きく稼ぐことができたのかもしれません。

看護師関係のアフィリエイト広告なんて
他にもあったわけですからね。

シリウスとの相性

さて、当時の私のアフィリエイトファクトリー実践法を
現在やっても成果につながらないと考えられます。

現在やるとしたら、最初の段階の
バックリンクサイトの構築でシリウスなどを使うといいですね。

シリウスはこういうサイトを作るには非常に相性が良いものです。

そしてメインのファクトリーサイトは
ワードプレスを使って作っていきます。
テンプレートには賢威などを用いるといいですね。

ただ、たくさんのバックリンクサイトを作ること自体、
最近は労力に見合うとも言えませんので
そう考えますとシリウスの出番はなさそうです。

アフィリエイトファクトリー

アフィリエイトファクトリー(たいよう今井和人)レビュー

アフィリエイトファクトリーは古い、稼げない
なんて話も聞きますが実際のところどうなのでしょうか?

今回は「たいよう」こと今井和人さんのアフィリエイトファクトリーを
レビューしていきたいと思います。

アフィリエイトファクトリーはもう古い?

結論から言いますと、アフィリエイトファクトリーで解説されている考え方は
古くならない考え方です。

アフィリエイトファクトリー発売が2008年となっていますので
これだけ見ると「うわ、古い」と思うかもしれませんが、
基本的な考え方は何年たっても通用するものです。

稼げないどころか、
サイトアフィリエイトで稼ぐためには不可欠の考え方が
説明されていると言ってもいいでしょう。

なぜそれが言えるのかというと・・・

私自身、アフィリエイトファクトリーが発売された2008年、
すぐにこれを入手して実践し、それで結果を出すことができました。
(具体的にどう実践したかは、次回の記事で紹介します。)

現在でも、サイトアフィリエイトに関しては、
基本的にアフィリエイトファクトリーから吸収した
考え方に基づいて実践しています。

不変の考え方とは

ASPのプログラムをこまめにチェックすること。
そうして稼げそうな広告候補を見つけていくこと。
キーワードは考えるのではなく拾うこと。
そのキーワードでアクセスが来るのかどうか検証すること。
行けるとわかったら大規模サイトを構築していくこと。

本当に基本的なことなので、
サイトアフィリエイトをやっていく上では、
いつまでたっても役立つ考え方です。

基本は古くならないけど

たださすがに、
2008年から一度も改訂されていないということで、
具体的な作業の進め方については古くなってしまった
ところもあります。

それに、サポートは基本的にフォーラムだけですので、
その点で困る人もいるかもしれません。

あとは、アフィリエイトファクトリーの文章が、
ちょっとわかりにくいところもあるかもしれません。

初心者には理解し難い部分も

たいよう・今井和人さんは「わかりやすく書いた」と
仰っていますけど、やっぱりある意味天才的な人なので
たいようさんが「当然のことだから」と思って説明を省いているところが
私たち凡人にはわかりにくかったりします。

ある程度の経験者なら何度か読み返せば理解できますが
初心者だと困るかもしれません。

ということで、今このアフィリエイトファクトリーを
買うべきかというと、それほどおすすめもしません。

もちろん、価値ある内容ですけど、
今なら同じような内容で、最新の情報に基づいた
情報商材もあるはずですから。

一部改変するとすれば

あと、たいようさんのアフィリエイトファクトリーが
古いかどうかは別として、初心者には取り組みにくい
部分もあります。

それは、ドメインがたくさん必要になってしまうことです。
まずバックリンクサイトを作るわけですが、
これはキーワードのテストを兼ねています。

だからたくさんのキーワードを試すには
たくさんのドメインが必要になってきます。
最低でも10個程度は必要でしょう。

そうなるとドメイン一個あたり1000円くらいですので、
1万円ほど追加でお金がかかります。

まあこの部分は、無料ブログで代用すれば
なんとかなるかもしれませんし、
現在のグーグル検索のアルゴリズムからすると、
無料ブログで代用するほうがむしろ良さそうです。

また、バックリンクサイトをたくさん作ること自体、
現在のグーグル検索の性能を考えると
コストパフォーマンスの良い方法とはいえません。

ですので、キーワードを検証するサイトは
一つのパワーサイトにだけで十分かもしれません。

追記:アフィリエイトファクトリー2

アフィリエイトファクトリーの作者、今井和人(たいよう)さんがこんなことをツイートなさっていました。

アフィリエイトファクトリー2です笑
10年前からやっている事変わっていないです!

「え? 2が発売されたの?」

って、思いますよね。(笑

でも調べてみると、この記事のことのようです。

Vol.1 アフィリエイトで稼ぐために必要なたった1つのこと
A8キャンパスでは、アフィリエイトサイト運営のコツやイベント最新情報をお届けします

「アフィリエイトで稼ぐために必要なたった一つのこと」

として、「サイト設計」を挙げてらっしゃいます。

サイト設計については、アフィエイトファクトリーが発売された当時からおっしゃっていたと思いますが、当時の私にはその説明が理解しにくかったように記憶しています。^^;

それが今回はあの頃よりずっとわかりやすく説明されていますのでぜひ読んでおくといいと思います。