Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/1deco/arigatou365.com/public_html/book/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

AviUtl超初心者用、最低限の使い方

速水鏡のネット副業無料メール講座

大丈夫です。

私もこの記事を書いている時点で初心者ですので、難しい話は一切ありません。(笑

ただ「とっかかり」として、この程度できれば、あとは何か「これ必要」と思うことが出てくるたびに、検索して調べればなんとかなるでしょう。

「まだ導入してないよ!」

という人はこちらを見てインストールしてください。

AviUtlの導入~インストール、拡張編集、mp4プラグイン、初期設定【ムービーメーカーの代替ソフト】

ということで、この記事を読みながら一緒にやってみてください。^^

AviUtl起動!拡張編集ウィンドウ準備!

では、AviUtlを開きましょう。「aviutl.exe」というファイルをダブルクリックするだけで起動します。

そうすると、こういう画面になります。

93422

メインウィンドウの他に「拡張編集」というウィンドウは出ているでしょうか?

出ていなかったら、上のメニューの中の「設定」から「拡張編集の設定」をみつけてクリックしましょう。

これで表示されます。

基本的にこの画面で動画編集を進めていきます

新しく動画の編集を始めるには、拡張編集のウィンドウの上で右クリックして

「新規プロジェクトの作成」

を選びます。そうするとこんな小さいウィンドウが出ます。

93423

ここは練習ですので、画像サイズはそのままでいいでしょう。「OK」をクリック。

そうすると、メインのウィンドウが黒くなったはずです。ここに編集する動画を表示します。

レイヤーに画像または動画ファイルを入れてみる

今回は練習なので、動画ではなく静止画を入れてみましょう。

Googleの画像検索で適当に画像を拾ってきてください。私は「花」を検索して花の画像を拾ってきました。^^

で、これをどうやってAviUtlに読み込ませるかというと、「拡張編集」のウィンドウに、「Layer1」「Layer2」とかありますね。

ここに画像(または動画)ファイルをドラッグアンドドロップします。

動画を扱う場合は、動画ファイルをここにドラッグアンドドロップすればいいだけです。

試しにLayer1に画像をドラッグアンドドロップしてみましょう。

とりあえず3枚拾ってきて、ドロップしたらこうなりました。

93426

Layer1に「1.jpg」「2.jpg」「3.jpg」と並んでいますね。このファイル名は私が勝手につけたもので、このような名前になっています。

そうしたらとりあえず、「再生」してみましょう。

メインウィンドウの、三角形の再生ボタンをポチッと押すと再生されるはずです。3枚の静止画を入れたので、3枚の静止画が順番に映し出されます。

はい。これで超簡単な動画はできたわけです。^^

再生時間を調整する

ちなみに、それぞれの画像の再生時間を調整したい場合はどうするのかというと・・・

拡張編集ウィンドウのLayer1ですね、そこに画像の名前が表示されていますよね。「1.jpg」「2.jpg」「3.jpg」と。

93424

この境目の線のところにマウスポインターを持っていって、ドラッグすれば伸ばしたり縮めたりできます

境目ではなく、ファイル名の真ん中あたりに持っていってドラッグすれば、左右に動かすことができます

動画の不要な部分をカットする

じゃあ動画の途中をカットしたい場合はどうするのか。

たとえば「1分20秒から1分50秒までを削除したい」という場合。

またこの画像を見てください。

93426

メインのウィンドウに動画を再生するためのスライダーがありますね。三角形の再生ボタンの左側。

これをスライドさせると、動画のいろいろな部分に移動することができます。

「1分20秒から1分50秒までを削除したい」場合はまず、1分20秒のあたりまでスライドさせます。

スライダーを動かすとそれにあわせて、拡張編集ウィンドウの方の「縦線」も動きます

それで、目的の位置まで動かしたら、縦線のところにマウスポインターを持っていって、右クリックし「分割」を選びます。

次に1分50秒あたりまでスライドさせて、そこでも同じことをします。

そうすると、動画を「切り離す」ことができます。こんな感じ。

93484

で、削除したい部分を右クリックして「削除」すると、その部分はレイヤーから消えます。

そうして、動画の後の部分を、ドラッグして左にずらし、前の部分とくっつければ、いらない部分の削除は完了です。

実際やってみてください。^^

次に。

動画に文字を入れる

動画の中に文字も入れたいですよね。

その場合どうするのかと。

Layer1は画像ファイルで使ったので、文字はLayer2を使ってみましょう。

Layer2を右クリックして

「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」

と選んでみましょう。そうするとこんなウィンドウが出ます。

93429

この、下の方にある空欄に文字を書き込むと、それが動画に表示されます。

試しに書き込んでみると、このように表示されたので・・・

93430

このメインウィンドウに表示された文字をドラッグして好みの位置に移動させます。するとこうなりました。

93431

文字の色を変えたり、文字の縁の色を変えたりも、先程のテキストウィンドウでできるので試してみてください。

文字をスクロールさせる

「スクロール」にチェックを入れると、文字がスクロールするようになります。

短い文章だと横スクロールになりますが、一定以上の長さだと縦スクロールになります。
また、複数行書いても縦スクロールになります。

こんな感じ。

93440

93439

これで動画に文字を入れて説明することもできるようになりました。

ちなみに、文字の再生時間も、画像と同じでドラッグすることで伸ばしたり縮めたりできます

BGMを入れる

あと、BGMですが。

これは音楽が入っているファイルをLayer3にでもドラッグアンドドロップすればOKです。

「フリーBGM素材」などと検索して見つけてきて、試しに入れてみるといいでしょう。

全てできたら再生して、どんな感じになっているか確かめてみましょう。

以上で、動画または画像に文字とGGMを入れて、一つの動画ファイルを作ることができました

もうこれで簡単な動画なら作ることができます

保存はこまめに

あ、せっかく作ったのだから「保存」しておきましょう。

メインウィンドウのメニューの「ファイル」から「編集プロジェクトの保存」を選んで、名前をつけて保存します。

保存場所はデフォルトではAviUtlのフォルダの中になっています。「編集プロジェクト」のファイル拡張子は「.aup」となっています。

こうして保存しておけば、また明日にでもこのファイルを読み込んで、動画編集の続きをやることができます。^^

動画ファイルの出力

じゃあ「動画ファイルはどうやって保存するの?」ということですよね。

これはさっきと同じ「ファイル」から

「プラグイン出力」→「拡張x264出力(GUI)Ex」

と進むと、ファイル名を決めて、動画ファイルとして保存することができます。

ファイル名は好きなように付け、「ファイルの種類」は「mp4 file」を選んでおきましょう。

YouTube用の設定にする

ちなみにここで、「ビデオ圧縮」のボタンを押すと、どんな品質で動画を出力するかを決めるウィンドウが表示されます。

こんな感じ。

93486

このウィンドウの上の方に「プロファイル」という項目がありますが、そこから「YouTube」を選ぶと、YouTube用に最適化された動画を出力することができます。

「YouTube」を選んだら「OK」をクリック。

その後「保存」をクリックすると、背景の黒いウィンドウが立ち上がって、動画ファイルの出力が始まります。

出力の動きが止まるまでしばらく待ちましょう。

黒いウィンドウ内の動きが止まったら動画ファイル完成です。

ダブルクリックして再生してみましょう。

あとは慣れるだけ

これだけできればあとは応用していくだけですので、どんどん作って慣れていくといいです。

そして必要だと思ったことは、検索して調べて、自分の技術として加えていきましょう。
そうすることで人から真似されないようなことができるようになります。^^

 

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の東大式「パソコンで収入を作る」講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。また、「これについて解説してほしい」というのがあれば知らせてください。^^

お問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ