Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/1deco/arigatou365.com/public_html/book/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

【手順】常時SSL(https)化はWordPress立ち上げ時からやっておくべし

速水鏡のネット副業無料メール講座

サイトの常時SSL化は最初から行っておくのがよいです。

途中からやろうとするとこの記事に書いたとおり・・・

【体験談】エックスサーバー、WordPress、賢威で常時SSL(https)化

いろいろと面倒ですので。^^;

あ、「そもそもSSLって何?」という人はこちらをご覧ください。

HTTPSとは?SSLとは?

途中からSSL化すると何が大変か?

何が大変なのかというと、たとえばですね・・・

サイトが育って、アクセスも増えてきたところでSSL化するとします。

それで、SSL化の手順のどこかで失敗して、サイトが表示されなくなってしまったと。

そのせいで検索結果から消えてしまって、アクセスが激減してしまったとしたら・・・

一時的だとしても、これはショックですよね。その後また、サイトの評価がもとに戻るのかも気になりますし。

だからこれからWordPressなどでサイトを立ち上げるのであれば、もうその時点で常時SSL化をしておくべきなんです。

もうこれ、「絶対」と言ってもいいと思いますよ。

最初からやる手順

ではその手順。

①ドメインを取得
②サーバーとの関連付けの時点で「無料独自SSLを利用する」を選択
③WordPress自動インストール
④WordPress管理画面の「設定」でURLを「https」に変更

これだけです。

最初からSSL化しておくなら、リダイレクトとか記事内URL書き換えとか不要ですので余計な手間を省けます。

また、失敗したとしても、まだサイトを作る前なので何のダメージもありません。やりなおせばいいだけ。ノーダメージ。^^

各手順の説明

ではそれぞれの手順を簡単に見ていきます。

ドメイン取得と、サーバーとの関連付けについてはこちらをどうぞ。

ドメイン、サーバーとは~違い、取得、紐付け設定

基本的に「ムームードメイン」と「エックスサーバー」の組み合わせをおすすめしています。

その理由は単純に、使い勝手がよくかつ安定しているからです。

で、そのドメインとサーバーの関連付けの際に、エックスサーバーの管理画面で

「無料独自SSLを利用する」

にチェックを入れておけばOKということです。「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にはチェックを入れません。

次に、WordPressのインストールですが、これもエックスサーバーなら極めて簡単です。

「WordPress簡単インストール」

という名前そのままの機能があります。^^

WordPress(ワードプレス)でのホームページ 作成手順

ワードプレスがインストールできたら、管理画面にログインして、「設定」画面で

WordPressアドレス(URL)
サイトアドレス(URL)

「http」から「https」に変更して「保存」するだけです。

たとえば

「http://www.aaa.com/」

というURLだとしたら、これに「s」を加えて

「https://www.aaa.com/」

とします。

これで常時SSL化は完了。あとは普通に記事をアップしていくだけで、SSL化したサイトが育っていきます。^^

 

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の東大式「パソコンで収入を作る」講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。また、「これについて解説してほしい」というのがあれば知らせてください。^^

お問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ