Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/1deco/arigatou365.com/public_html/book/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

PCの最小構成とは~電源の入れ方、起動しない場合は?

速水鏡のネット副業無料メール講座

パソコンの最小構成というのは、パソコンが起動するために最低限必要なパーツ構成です。

最初構成とは

具体的には以下の通り。

マザーボード
電源ユニット
CPU
メモリ

これだけ。

ただし、マザーボードにグラフィック機能がない場合はグラフィックボード(VGA)も必要です。

マザーボードにグラフィック機能があるかどうかの区別は簡単で、マザーボードにモニタのケーブルをつなぐことができれば、グラフィック機能があることになります。

そうでないなら、グラフィックボードをマザーボードに差して、グラフィックボードにモニタのケーブルをつなぐことになります。

で、なんで最小構成なんかが問題になるのかというと、パソコンパーツがちゃんと動いてくれるのか確かめるために役立つからです。

起動方法

それで、最小構成にして電源を入れなくてはなりませんが、その方法で迷うかもしれません。

ショートさせる方法もありますがそれは怖いので^^;、パソコンケースの電源ボタンから伸びているケーブルをマザーボードに接続して、電源ボタンを押すことで起動させます。

つまり正規の方法ですね。これなら安心。

パソコンの電源ボタンから伸びてきているケーブルには「POWER SW」などとそれらしい名前が書いてあります。

それをどこに接続すればいいのかは、マザーボードの説明書に書いてあります。

そうして接続したら、電源ユニットをコンセントにつなぎ、まず電源ユニットのスイッチを入れます。

それからパソコンケースの電源ボタンをポチッと押します。

そうすると・・・パーツが故障していなくて、かつ正しく接続されていれば、モニタにBIOSの画面が表示されます。

「それだとパソコンケースの電源ボタンが壊れていた場合に困るんじゃないの?」

と心配な人は「PCマザーボード用スイッチ」などとアマゾンで検索して探してみてください。

スイッチ単体も売られています。

ちゃんと表示されたら…

あ、最近はBIOSじゃなくてUEFIと言うんですね。まあどっちでも同じようなものです。とにかくマザーボードの設定画面が表示されます

これがちゃんと表示されたら、

マザーボード
電源ユニット
CPU
メモリ
グラフィックボード

これらのパーツは故障していない、ということになります。

BIOS(UEFI)画面はちゃんと表示されるのに、HDDまたはSSDをつなぐとパソコンが起動しない・・・

という場合は、HHDまたはSSDが壊れているのか、Windowsにエラーがあるのか、と推測できることになります。

どのパーツが怪しいのか探る

では最小構成でちゃんと起動しなかった場合は?

その場合まずは各パーツが正しく接続されているのか確かめます。

それから電源ユニットのスイッチがオンになっているのかも・・・これけっこう忘れることが多いです。^^;

で、それらに問題がないとすれば、最小構成パーツのうちのどれかに問題があるということになります。

メモリ

いちばん確かめやすいのはメモリですね。

メモリは複数枚ささっていることが多いですから、これを一枚ずつさして、電源を入れてみて、特定のメモリで起動しないようならそれで原因はわかったことになります。

「犯人はこのメモリか!」

と。

メモリを全部試しても起動しないとなると・・・ちょっと面倒ですね。

メモリ以外の何かが怪しいことになる。

グラフィックボード

グラフィックボードを使っている場合は、グラフィックボードを外して、モニタのケーブルを直接マザーボードにつなぎ、それで起動できたら「グラフィックボードが怪しい」ということになります。

マザーボードにグラフィック機能がない場合は、別の壊れていないグラフィックボードを持っていないと確かめることはできません。

電源ユニット

電源ユニットが壊れている場合は、マザーボードのLEDが点灯しないか、または点滅してしまうことが多いです。

そういう場合は電源ユニットを交換してみるとよさそうです。

ただ、電源ユニットが壊れている場合、電気が切れたり流れたりした影響でマザーボードも壊されている可能性が高いですね。

マザーボード

電源ユニットを交換してみても起動しないようなら、マザーボードを交換することになるでしょう。

そうなるともう・・・古いパソコンの場合は、古いCPUにあわせてマザーボードを買うというのももったいない気がしますので、CPUごと新しいものと交換、となることも多いでしょう。

となると昔とメモリの仕様が変わっていて、メモリも新しくしなければならない、というケースも多いです。

特に最近はメモリがDDR3からDDR4に移行している時期ですからね。

 

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の東大式「パソコンで収入を作る」講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。また、「これについて解説してほしい」というのがあれば知らせてください。^^

お問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ