Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/1deco/arigatou365.com/public_html/book/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

WordPress(ワードプレス)でのホームページ 作成手順~個人サイトも企業サイトも

速水鏡のネット副業無料メール講座

ワードプレスでサイトを作る場合は「ホームページビルダー」なんて使いません。^^;

WordPressというのは「CMS(Contents Management System)」の一つで、今や世界の主流と言ってもいいものです。

CMSというのは簡単に言えば、サーバーにアップして、サーバー上で自分のサイトを作ったり管理したりできるツールのことです。

ということで。

WordPress作成手順4ステップ

まずWordPressを作成する手順を簡潔に示しましょう。

①サーバーを借りる
②独自ドメインを取る
③サーバとドメインを結びつける
④サーバーのWordPress自動インストールを利用する

はい。

これだけでWordPressサイトは出来上がりです。^^

簡単ですよね。

ポイントは「自動インストール」

ただ、借りたサーバーに「WordPress自動インストール機能」がなければ、自分でインストールすることになるので一手間増えます。

だから自動インストールがあるサーバーがおすすめです。

個人的には「エックスサーバー」が使い勝手が良くて気に入っています。

http://www.xserver.ne.jp/

【8種比較】レンタルサーバーの選び方~個人的体験からのレビューとおすすめ

それから独自ドメインを取るわけですが、ムームードメインが使い勝手がいいと思っています。

ムームードメイン

サーバーとドメインを結びつける方法については、また別記事で説明しましょう。

ドメイン取得、サーバーとの紐付け設定

ここまでできたらあとは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインして、WordPressの自動インストールをするだけです。

データベース作成なんかも、他のレンタルサーバーだと別途やらなくてはならないのですが、エックスサーバーだとそれも自動なので迷わずにすむでしょう。

あとはWordPress内での設定

これでWordPressは出来上がりですけど、今度はWordPressの管理画面に入ってから、色々と設定することになります。

それについてもまた別記事で説明することにしましょう。

エックスサーバーでの自動インストールのやり方

最後に、エックスサーバーでの自動インストールのやり方について触れておきましょう。

最初に簡単に流れを。

①ドメインを選ぶ
②ホームページの「自動インストール」
③プログラムのインスール
④WordPress日本語版インストール設定

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインして、

「設定対象ドメイン」

で、WordPressを作る予定のドメインを選んで「設定する」をクリックします。

次に「ホームページ」という項目の中から「自動インストール」をみつけてクリック。

それから「プログラムのインストール」タブを選ぶと、いくつかのCMSが示されます。

追記:現在では「WordPress簡単インストール」という項目がありますので、そこから進めば手順をいくつか飛ばせます。

もちろん「WordPress日本語版」をみつけて「インストール設定」をクリックします。

あとは必要なことを記入して、「インストール」をクリックすると、自動インストールが進められます。

インストールURLは空欄でOKです。

そうそう。

インストールの途中で、データベースの名前とかパスワードとか表示されると思いますので、それは記録しておきましょう

 

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の東大式「パソコンで収入を作る」講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。また、「これについて解説してほしい」というのがあれば知らせてください。^^

お問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ