Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/1deco/arigatou365.com/public_html/book/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

ワードプレスのインストール後、最初にすること【WordPress初期設定】

速水鏡のネット副業無料メール講座

ワードプレスインストールの方法は説明しましたので…

WordPress(ワードプレス)でのホームページ 作成手順~個人サイトも企業サイトも

続いて、「インストールしたあと、最初にすること」を説明していきます。

管理画面にログインすると、左側にメニューが並んでいます。

設定

その中の「設定」にある項目を順番に見ていきます。

PING送信先を入力

まず「投稿設定」

ここでは「更新情報サービス」のところに、通知先を記入しておきます。「PING送信先」というものですね。以下の様なところを記入しておけばいいでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://ping.fc2.com/
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

これによって「サイトを更新しましたよ」とGoogleやYahoo!その他に伝えることができます。

コメントとトラックバックの扱い

次に「ディスカッション」

この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる
新しい記事に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける
新しい投稿へのコメントを許可する

この3つのチェックは外しておきます。コメントを受け付ける場合は残しておいてもいいです。

URLの形式決定

次に「パーマリンク設定」

これはURLの形を指定することができます。

シンプルに数字ベースにするか、URLに日本語を入れたい場合は「投稿名」を選んでおくといいでしょう。

投稿名の場合は、記事を投稿するたびに自分でURLを決めることもできますので無難だと思います。

「設定」の項目はこれで終わり。

カテゴリー設定

次は「投稿」の項目を見ます。

この中の「カテゴリー」を少しだけ決めておきましょう。

「カテゴリー」をクリックすると、「名前」「スラッグ」などを入力できるページになります。

「名前」のところに、これから扱うであろうカテゴリーを記入しておきます。パソコンについて記事を書くなら「パソコン」などと書いておきます。

そういうカテゴリーをいくつか作っておきます。

ここでは大雑把でかまいません。これから記事を書いていく過程で、必要に応じてカテゴリを増やしていけばいいだけですので。

「スラッグ」のところには、カテゴリURLに表示される言葉を入れておきます。空欄にしておくと、カテゴリURLの末尾が日本語となります。

「日本語URLは違和感があるな」と思う場合は、カテゴリをアルファベットで表現したものを入れておくといいでしょう。

「パソコン」というカテゴリ名ならスラッグは「pc」にするなど、です。

デザインを変える

それから「デザインを変えたい」と思うはずです。

最初ですので、ワードプレスにもともと備わっているデザインを使っておきます。

「外観」というメニューから「テーマ」という項目を見つけてクリックしてください。

そうすると、最初からインストール済みのデザインがいくつか表示されます。

これら以外に欲しい場合は「新規追加」をクリックしますと、いろいろとでてきますので、そこから選んで

「インストール」→「有効化」

とすれば、ワードプレスに反映されます。

「新規追加」のところで「特徴フィルター」を使えば、いろいろと絞り込みができますので試してみるといいでしょう。

最終的には有料のテーマを使ったほうがいいですが、最初はこれで十分です。

あとはプラグインですが、これは種類が多いですので、記事をあらためて説明しましょう。

 

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の東大式「パソコンで収入を作る」講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。また、「これについて解説してほしい」というのがあれば知らせてください。^^

お問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ