株はセクター別に監視しろというけど…東証33業種チャート見てればいいの?

株はセクター別に監視して、資金の流れをつかむ、今どこにお金が集まっているかをつかむことが大事だと言われるけど・・・

トレード初心者の場合、ここで途方に暮れてしまいます。

「そんな、何千も銘柄があるのに、どこから手を付ければいいの?」
「そもそもセクターって何? どう分けてるの?」

という感じ。私もそうなってしまいました。

それで、調べてみたところ、セクターに関しては「東証33業種」というのがあるんですね。

東証33業種とは

その東証33業種というのは以下のようにわけられています。
(右の「1300~」等の数字は証券コードです)

1 水産・農林業 1300~
2 鉱業 1500~
3 建設業 1700~

【製造業】
4 食料品 2000~
5 繊維製品 3000~
6 パルプ・紙 
7 化学 4000~
8 医薬品 
9 石油・石炭製品 5000~
10 ゴム製品 
11 ガラス・土石製品 
12 鉄鋼 
13 非鉄金属 
14 金属製品 
15 機械 6000~
16 電気機器 
17 輸送用機器 7000~
18 精密機器 
19 その他製品

20 電気・ガス業 9500~

【運輸・情報通信業】
21 陸運業 9000~
22 海運業 
23 空運業 
24 倉庫・運輸関連 
25 情報・通信業

【商業】
26 卸売業 8000~
27 小売業

【金融保険業】
28 銀行業 8300~
29 証券・商品先物取引業 
30 保険業 
31 その他金融業

32 不動産業 8800~
33 サービス業 9600~

東証33業種別チャート

それから、33業種別指数のチャートもそれぞれあるんですよね。

33業種別指数と構成銘柄のチャート

このページ、すごく便利ですね。^^

で、このチャートを見れば、セクター別の動きが大体つかめます。

ただ、業種別チャートでは出来高が出ていないので、それはそれぞれのセクターに属する、個別銘柄を見る必要がありそうです。

じゃあ「それぞれのセクターに属する個別銘柄ってどうやって調べるの?」ということですが、上記のページでも分かりますし、ヤフーファイナンスの「業種別で探す」というのでもわかりますね。

ヤフーファイナンス

これで、33業種というセクターも分かりましたし、それぞれのセクターにどんな銘柄があるのかもわかったのですけど・・・

でもとてもじゃないけど、数が多すぎて毎日毎日監視できそうにありません。

そこで絞り込みたいわけですけど・・・

市場連動セクターとディフェンシブセクター

そのためにまずは、市場に連動しやすいセクターと、そうではない、「ディフェンシブセクター」と呼ばれるものに分けたほうがよさそうです。

そうすれば、「絞り込んだ結果、連動銘柄ばかりに偏っちゃった」ということも避けられるでしょう。

連動セクターとディフェンシブセクターは以下のようにわけられます。

【市場連動セクター】
鉱業
建設
繊維
石油・石炭製品
ゴム製品
ガラス・土石
鉄鋼
非鉄金属
金属製品
機械
電気機器
輸送用機器
精密機器
その他製品
不動産
海運
空運
倉庫・運輸
化学
卸売
銀行
証券
保険
その他金融

【ディフェンシブセクター】
水産・農林
食料品
パルプ・紙
陸運
情報・通信
電気・ガス
サービス
医薬品
小売

監視銘柄を絞り込む3種類の方法

あとはここからどう絞り込んでいくかですが・・・

まず、どれくらいまで絞り込むべきか。これは人によりそうです。

「200銘柄だって毎日監視できるよ」

という人もでいるでしょうし。

「20銘柄超えると混乱してダメ」

という人もいるでしょう。

なので自分で監視できる範囲まで絞り込む必要があります。

その手順としては3つの方法が考えられます。

1.すべてのセクターから一定数ずつ銘柄を選ぶ
2.親しみのあるセクターから一定数ずつ選ぶ
3.その時々の注目セクターを監視する

1は最も単純な方法ですね。たとえば、東証33業種それぞれから3銘柄ずつ選べば99銘柄監視することになります。

業種によって、そこに属する銘柄数も違うので、それに応じて適宜増減させるのもいいですね。

銘柄が多いセクターからは5つくらい選ぶ、少ないセクターからは2つ選ぶ、とか。

2の方法は親しみがあるぶん頭に入りやすく、1に比べると特定セクターから選ぶ銘柄数が多くなりますので、特定のセクターの動きについて「詳しくなりやすい」というメリットがあります。

3の方法は注目されているセクターを見逃す心配が減りますが、ただ、ランキングに出る頃にはもう「注目されたあと」ということが多いですので、それを計算に入れて行動しなければならないでしょう。

そんなに多く監視する必要はない?

結局のところ。

やる人は123全部やるのでしょうけど、「時間的にムリ」という人の場合は自分の好みに合わせて絞り込むしかありませんね。

でも。

「そんな多くの銘柄を監視する必要ないよ」

という考え方もあります。林輝太郎さんの「株式上達セミナー」などで紹介されている方法がそうですね。

ということですので、自分にあった方法を見つけて、その方法で徹底的に上達していく、というのが王道だと言えそうです。