サポートライン(支持線)、レジスタンスライン(抵抗線)の意味と引き方、ブレイクとは

サポートラインもレジスタンスライン(またはレジストライン)もテクニカル指標としては最も基本的なものだと思います。

サポートライン、レジスタンスラインとは

サポートラインは、日本語では「下値支持線」ともいいます。

なので意味はそのままなのですが、株価なんかが下がってきても、そのラインより下には行かずに、そこで反転して上昇していく場合、そのラインはサポートラインだと考えられます。

レジスタンスラインは日本語では「上値抵抗線」ですので、サポートラインと逆の役割をするものですね。

レンジ相場なんかで、サポートラインとレジスタンスラインが水平になる場合が一番わかり易いです。

ある株が、1000円から1500円まで上がっていって、そこで反転して今度は下がり始め、1000円まで下がったところ反転してまた1500円まで上がり、そこで反転して・・・

と繰り返していると、波のようなチャートができますよね。

で、その谷底同士をずーっと線で結んでいくと、サポートラインが引けます山のてっぺん同士をずーっと結んでいくとレジスタンスラインが引けます。単純です。

なぜこんなラインができるのか

それでそのラインに触れたところで反転する可能性が高い、と推測できるので、それを買いや売りの参考にするというわけですね。

なぜこんな線が引けてしまうのかというと、多くの人がその価格で「買うべき」または「売るべき」と考えているから、ということでしょう。

何らかの計算にもとづいているわけではなく、多くの人がそう思ったからそうなったというだけですので、サポートラインやレジスタンスラインはキリの良い価格にできることが多いですね。

水平ラインとは限らない

ただこのサポレジですが、水平とは限りません。上がっていったり下がっていったりする、トレンドラインがサポートやレジスタンスの役割をすることもあります

トレンドラインの場合は、チャートの波が右肩上がりだったり、右肩下がりだったりするわけですよね。

で、右肩上がりの波の場合、谷底を結んでいけば次第に上がっていくトレンドラインを引くことができ、これがサポートラインとして機能することが多いです。

右肩下がりの波の場合は、波のてっぺんを結んでいくと、次第に下がっていくトレンドラインが引けますね。これがレジスタンスラインとして機能することが多いというわけですね。

ブレイク!

もちろんいつもサポートやレジストしてくれるわけではありません。サポートラインやレジストラインを、チャートが突き抜けてしまうことだってあります。

こういう事態を「ブレイク」といいます。

例えばレンジ相場が続いていて、チャートが上がっていくたびにこれまで何度もレジスタンスラインに跳ね返されていたとします。

ところがある日、チャートはレジスタンスラインを突き抜けてさらに上昇しました。

つまりレジスタンスラインを「ブレイク」したということですね。

こういう場合は、相場は新たな局面に移ることが多いです。つまり、これまでレンジ相場だったのが、上昇相場に変わるということですね。

もちろん逆の場合もあります。下の、サポートラインをブレイクしてしまって、その後どんどん株価が下がっていく、というような事態ですね。

こういうブレイクもまた、買いや売りを決める場合の参考にできるわけです。