トレンドラインの正しい引き方~起点、ヒゲと実体、チャネルラインとの違い

最初にトレンドラインの正しい引き方をまとめておきます。

・上昇トレンドの場合はローソク足の下、下降の場合は上に引く
・トレンド開始後のなるべく早い高値または安値を起点とする
・ローソク足のヒゲ基準でも実体基準でもOK

これだけです。

最初にトレンドラインとチャネルラインの実物

詳しくは後で説明するとして、まずは実物を見ていただきましょう。

こちらが実物の画像。

画像では、ローソク足を挟み込むように平行なラインを引いていますが、こういう引き方をした場合は「チャネルライン」と呼びます。

「チャネル」ってもとは「水路」という意味ですね。

単にトレンドラインだとローソク足の下または上に一本だけですが、チャネルだと上下2本になります。

これによって利益確定の目安としたり、トレンドの衰えを察知したりできます。

ではトレンドラインに話を戻しましょう。

こうでしたね。

・上昇トレンドの場合はローソク足の下、下降の場合は上に引く
・トレンド開始後のなるべく早い高値または安値を起点とする
・ローソク足のヒゲ基準でも実体基準でもOK

それぞれ見ていきます。

上昇トレンドの場合はローソク足の下、下降の場合は上に引く

この理由は簡単です。

例えば上昇トレンドの場合、上下するチャートの谷、つまり押し目で入りたいですので、ローソク足の下にトレンドラインを引いて押し目の目安にします。

また、トレンドが終わりを判断をするのに、ローソク足の下に引いたトレンドラインをチャートが下抜けてしまったかどうかが参考となります。

ということで上昇トレンドのときはローソク足の下にトレンドラインを引きます。

下降トレンドのときは話が逆になるだけです。

トレンド開始後のなるべく早い高値または安値を起点とする

問題はここです。

トレンド開始後のなるべく早い高値または安値を起点とする」

ということだけど、

「トレンド開始ってどこ?」
「高値安値ってどれ?」

ということになりそうです。

ダウ理論によるトレンドの判定

まずトレンド開始について。

これは「ダウ理論」によります。

ダウ理論と言っても6つの法則があるのですが、それを説明し始めると話がそれますので^^;

単純に行きましょう。

要するに、この図のように・・・

高値も安値もともに上に上がっていたら上昇トレンドと判定します。

逆に、高値も安値もともに下がっていたら下降トレンドです。

どちらか一方だけ、たとえば「高値は下がったけど安値は上がった」という場合はノートレンドです。三角持ち合いになりそうな雰囲気ですね。^^

これに基づいて「トレンド開始」を判断するなら・・・

たとえば、それまで高値も安値もほとんど変わらない、レンジ相場が続いていたとしましょう。

それがあるとき、高値も安値も一つ前の高値安値より上になりましたと。それを確認したら「あ、上昇トレンドに入ったかな」と思ってみる、というわけです。

必ずそうなるわけじゃありませんよ? でも確率は高い。

下降トレンドの場合は逆ですね。

それから、ダウ理論によってトレンドを判定するわけだから、ダウ理論から見て、「トレンドが崩れた」という場合は、トレンドラインは引けないことになります。

たとえば、安値は切り上がったけど、高値は切り下がってしまったという場合、下降トレンドラインも上昇トレンドラインも引けません。

ただ、ローソク足の上と下に斜め線を引いて「三角持ち合い」を明確化することはできます。

ラリー・ウィリアムズ理論による高値安値の特定

じゃあ次、「高値安値」。

これは「ラリー・ウィリアムズの高値安値理論」によります。

これも単純です。「高値」で説明します。

【短期の高値】

左右のローソク足の高値より真ん中のローソク足の高値が上の場合、その真ん中が「短期の高値」。

【中期の高値】

左右の「短期の高値」より真ん中の「短期の高値」が上の場合、その真ん中が「中期の高値」。

【長期の高値】

左右の「中期の高値」より真ん中の「中期の高値」が上の場合、その真ん中が「長期の高値」。

・・・つまりパターンは同じです。^^

安値は逆になるだけです。

で。

トレンドラインを引くために用いる高値安値は、上記のうちの「長期の高値安値」となります。

でもこれ・・・判断するの面倒ですよね?

「短期の高値と短期の高値の間の短期の高値が最高値だったら中期の・・・」

とか。(笑

なのでもっと簡単に判定します。

「あるローソク足が、左右それぞれ4~6本のローソク足より高値をつけていればそれが長期の高値」

と判定します。

なぜ4~6本かと言うと、長期の最高値を判定できる最低限のローソク足の本数が前に4本、後ろに4本だからです。

それで少し余裕を見て5本、または6本で判定する人が多いようですがそこは人それぞれとなります。

まあ5本がキリがよくて良さそうです。日足なら5日で1週間ですからね。土日は相場がないので。

トレンドラインの起点

ということでまとめますと、

・ダウ理論でトレンド開始を判定
・ラリー・ウィリアムズ理論で高値安値を特定

そうした上で、安値2点、または高値2点を結んでトレンドラインを書きます。

起点となるのはトレンド開始からなるべく時間が経っていない高値または安値がいいです。

でも、タイミング的にそうも言ってられないこともあるし、他の2点のほうが効いている場合もあるので、いくつか引いてみて効いてそうなのを選ぶのがいいでしょう。

「そんな恣意的な」

と思うかもしれませんがいいんです。大事なのは効いているかどうかです。

一旦はみ出して戻ってきた場合

トレンドラインを引いたあと、値が動いていって一旦トレンドラインからはみ出してブレイクしそうになったけどまた戻ってきた・・・

という場合は、そのはみ出した新しい安値、または高値でトレンドラインを引き直してみるのもいいでしょう。

でもこの図のように・・・

上昇トレンドの最後の方でトレンドラインを下にブレイクしていますね。

トレンドラインだけではなく、直近安値も下にブレイクしています。

こうなるともう、ダウ理論から言って上昇トレンドとは言えませんので、ここの安値で上昇トレンドラインを引き直すというのはやめておいたほうがいいでしょう。

その後を見ると、高値も安値も下がってしまって、今度はダウで下降トレンドが成立していますね。

それで今度はローソク足の上に、下降のトレンドラインを引くことになります。

ローソク足のヒゲ基準でも実体基準でもOK

これはどちらでもいいです。

なぜなら、そんなに精密に反応するものでもありませんし。

また、ヒゲと言っても、より短い時間足に切り替えれば実体になっていることもありますし。

それに、外国人はこのような・・・

「バーチャート」を見ている人も多く、そういう人であればバーの上下の先端にラインを引きます。これはローソク足のヒゲの先端にあたります。

それでも

「ローソク実体にラインを引くべきだ」

と言われるのは、日足以上のローソク足を見ている場合です。

例えば日足ですと、ローソクの実体は始値と終値を表しています。

そしてその終値は、1日売買がぶつかりあったあとのその日の結論としての価格です。

なので日足だと実体が重視されることがあるし、週足月足ならなおさらです。その週の結論、その月の結論となるわけですから。

まとめ

ということで、もう一度まとめておきます。

・上昇トレンドの場合はローソク足の下、下降の場合は上に引く
・トレンド開始(ダウ理論判断)後の
・なるべく早い高値または安値(ウィリアムズ理論判断)を起点とする
・ローソク足のヒゲ基準でも実体基準でもOK

チャネルラインを引く場合は、トレンドラインと平行に、値動きがだいたいおさまる間隔で引きます。

これでトレンドラインの引き方はわかりましたが、大事なのは「使い方」ですよね。

トレンドラインだけでトレードするのは、なかなか難しいと思います。

もちろん、トレンドラインだけで勝ち続けている人もいるでしょう。でもそれは、長期間の実践によって技術を磨いた結果です。

いきなりトレンドラインだけでトレードをするのは難しいでしょうから、他のものと組み合わせるのがおすすめです。

例えば水平線と組み合わせたり、移動平均線と組み合わせたりですね。

そうすることでより自信を持ってエントリーできますし、損切りラインも明らかになることでしょう。