テクニカル分析の種類

テクニカル分析の種類

株価チャートの「節目」とは~トレードで絶対意識するところ

株や、FXなどもそうですけど、トレードするときには何か「根拠」が欲しいですよね。 「前に比べてなんとなく安くなったから買い」 とかやってると、いくら資金があっても足りなくなります。^^; そこで絶対に意識しておきたいのが、チャートの「節目...
テクニカル分析の種類

上髭が長い?連続する?~仕手株であることもある

ローソク足の「上ヒゲ」のことですが、特に長い上ヒゲのことです。ローソク本体の2倍以上あるんじゃないかという。 そういう上髭が出た時、その後どうなるのかなという話。 長い上ヒゲ2つのパターン 気にしなければならない上ヒゲとしては、2つのパタ...
テクニカル分析の種類

株価ヨコヨコからの出来高急増で初動をつかめる?

前回は出来高についての一般的な話をしましたので・・・ 出来高を伴う?伴わない?で下げと上昇の意味が違う【逆ウォッチ曲線と値動き】 初動に乗りたいのだ 今回は、出来高を使って「大きく勝ちたい」場合のトレードの一例を見てみます。 「初動」 で...
テクニカル分析の種類

出来高を伴う?伴わない?で下げと上昇の意味が違う【逆ウォッチ曲線と値動き】

株を始めたばかりの頃は軽視しがちで、視野にすら入っていないことが多いけど、実はいちばん大事なんじゃないかと思えるのが「出来高」です。 よく、 「出来高は嘘をつかない」 と言われますね。 出来高は嘘をつかない 細かい値動きはある程度操作でき...
テクニカル分析の種類

ボリンジャーバンドの使い方~収束・拡大・バンドウォーク、確率と欠点

ボリンジャーバンドは人気のあるテクニカル指標ですけど、その計算式は私のような文系人間にとっては複雑怪奇です。^^; なので計算式には触れずに(逃)・・・^^;^^; その意味や使い方について見ていきたいと思います。 まず実物 まずは実物を...
テクニカル分析の種類

MACDの見方使い方~買いサインはゴールデンクロスでOK?シグナル、オシレーター、ヒストグラムは?

MACDと書くと「マクド」と読みたくなりますが、読み方は「マックディー」とのこと。まあ、どっちでもいいですね、読み方なんて。^^; 大事なのはその意味と、使い方。 正式名称は、 「Moving Average Convergence/Di...
テクニカル分析の種類

RCIのテクニカルでの利用~-100で買い? 計算式を気にすると…

ある有名な人が 「私はRCIマイナス100張り付きで買いを入れるのが得意です」 なんて言ったということで、有名になった(?)テクニカル指標RCIですが。 その計算式は複雑怪奇ですが、使い方は単純です。 なので先に使い方を説明し、あとで計算...
テクニカル分析の種類

フィボナッチラインの株やFXトレードでの使い方&雑学「フィボナッチ数と黄金比率」

テクニカル指標にフィボナッチ数を使うものはいろいろあるようですが、多くの場合、「フィボナッチライン」というと「フィボナッチ・リトレースメント」を指します。 ということでここでは フィボナッチライン=フィボナッチ・リトレースメント として話...
テクニカル分析の種類

移動平均線って何?~見方と手法(ゴールデンクロス、デッドクロス、乖離率)

「移動平均線」って名前が小難しい感じですが、考え方は単純です。 移動平均線とは たとえば「5日移動平均線」という場合。 これは「最近5日間の株価の平均」です。 たとえば、 今日・・・100円昨日・・・98円2日前・・・96円3日前・・・9...
テクニカル分析の種類

サポートライン(支持線)、レジスタンスライン(抵抗線)の意味と引き方、ブレイクとは

サポートラインもレジスタンスライン(またはレジストライン)もテクニカル指標としては最も基本的なものだと思います。 サポートライン、レジスタンスラインとは サポートラインは、日本語では「下値支持線」ともいいます。 なので意味はそのままなので...