【未経験OK?】WEBライターになるのに必要な資格・条件

【未経験OK?】WEBライターになるのに必要な資格・条件

【未経験OK?】WEBライターになるのに必要な資格・条件

WEBライターになるには何らかの資格が必要かというと、そんなことはありません。

 

「WEBライティング能力検定」というのもありますけど、「持っていれば多少は仕事を取りやすくなるかな」という程度のものです。

 

資格を取る暇があったら…

 

その資格をとるために勉強する時間があったら、どんなに安い単価であっても実際に仕事を取って、仕事として文章を書く方がいいです。

 

「勉強のため」ではなく「仕事」として書くわけだから、気合の入り方が違います。なので進歩も早いです。

 

それに、発注者がいろいろと指示を出してくれることが多いですからね。どんな記事を書けばいいのかと。

 

わざわざお金を出して記事を書いてもらって、その記事を収益につなげているわけですから・・・発注者の指示というのは、実践的なノウハウが多く含まれています

 

なのでその指示を聞きつつ文章を書くほうが、圧倒的に進歩は早いということになります。

 

WEBライターになるための最低条件

 

ということでWEBライターになるために必要な資格は特にないのですけど、条件ならありますね。

 

まず、パソコンを持っていてインターネットが使えること

 

パソコンもネット環境もないのに、「WEBライターやります!」なんて言ったら「超能力者か!」と突っ込まれることは間違いありません。

 

あと、義務教育レベルの漢字は確実に知っていること。

 

なぜかというと、これを知らなければパソコンの「誤変換」にも気づくことができないからです。

 

「誤変換」を「御返還」とか書いて気づけないレベルではダメだということ。^^;

 

国語力はどれくらい必要?

 

あ、もっと広く、「義務教育レベルの国語は理解しておくこと」と言ったほうがいいかもしれませんね。^^

 

ただそのへんは、細かく知っておく必要はなく、「これおかしくないかな?」と気付けるレベルなら大丈夫です。

 

「これおかしくないかな?」

 

気付くことができれば、あとは検索で調べれば確認できますので。

 

たとえば

 

「おこずかい」

 

とか書いて平然としているようだとダメですが、

 

「あれ、これってどうだっけ?」

 

と思えれば、その時点で検索して調べることができますよね。

 

それから、敬語の使い方とかって、迷うこともありますよね。

 

あれも平然と間違った使い方をしていてはダメですが、「どうだっけ?」と思えるならOK

 

国語の知識は、その程度でも大丈夫です。

 

「どうだっけ?」と調べていくうちに、自然に知識は増えていきますので。

 

義務教育レベルの国語と言っても、学校のテストじゃないんだからカンニングし放題というわけです。^^

 

未経験者OK?

 

最後に。

 

「未経験でも大丈夫?」ということですが、これは発注者によります。

 

ライターの募集で「経験者のみ」と書かれている場合は、もちろんダメです。それ以外であれば未経験者でもOK。

 

で、「未経験者でもOK」の仕事を一つでもこなしてしまえば、もうあなたは「経験者」となります。

 

ということで「未経験」という制限はすぐに消すことができますね。^^

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ