「お金は汚い」「お金を稼ぐのは悪いこと」というマインドコントロールが必要な理由

この記事は約5分で読めます。

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

「お金は汚い」なんて思っていませんか?

このブログを読んでいるあなたは、そんなことは思っちゃダメです。(笑

ただ、日本人の多くは、「お金は汚い」という考えを持っているようですね。

お金が汚いというより、お金を欲しがることが汚い、そういう考え方でしょうか。

子供が「お金が欲しい」というと

「そんないやしいこと言っちゃいけません」

なんて子供に言う親も多いはずです。

じゃあその親は、なんでそんな考えを持っているのかというとやっぱり子供のころそういう教育を受けたからなんですね。

「お金は汚いもの」という考えは、マインドコントロールの成果

結局のところ。

「お金が汚い」という考え方が日本人の心に刻まれているのは、権力を持っている人がそのように操作したからなんです。

なんだその陰謀論めいた話は!」と思うかもしれませんが、陰謀でも何でもありません。当然のことです。

権力中枢の門前まで行ったことのある私が言うのだから間違いありません。(笑

いつの時代からかは定かではありませんが、まあ、江戸時代ころからではないかと思いますけど、

教育という仕組みを利用して、「お金を欲しがる」=「醜いこと」という考えを持つよう権力を持つ人たちが人々の心を操作してきたんです。

現在の日本の教育を見てもわかりますよね。

自分でお金を稼ぐための教育は全く行われていません。

義務教育の内容を見ますと、黙って言われたとおり、真面目に会社で働くような、そういう人間を作るための教育となっています

つまり、そういうことです。

多くの人が「お金は汚い」と思うようになると、得をするのは誰か?

「お金を欲しがるような人間は醜い」
「黙って真面目に働くのが美しい」

そういう考えを多くの国民に植え付けることで誰が得をするのかというと、既に「力」を持っている人です。

政治的な力であれ、経済的な力であれ、そういうものをすでに持っている人々にとっては、黙って言いなりになってくれる「優秀な人材」が多いと助かるわけです。

逆に「自分の力で稼ごう」という人が増えては困るわけです。そんなの、従順な社員や職員になるどころかライバルになりかねないのだから。

正々堂々お金を稼ごう

だからこのブログを読んでいるあなたには。

「お金は汚いもの」「お金を欲しがるのは醜いこと」なんていう、押し付けられた「常識」は今すぐ、この場できれいさっぱり捨ててほしいんです。

そうして、正々堂々とお金を稼いでいってほしいと思います。

刷り込まれた考え方

「ネットビジネスで稼ぎたい」といいながら心のどこかで

「お金を稼ぐのは悪いことなんじゃないか」

なんて思っていたら稼げるはずがありません

でも、「お金を稼ぐことは悪いこと」という考えは日本人の精神に相当強烈に刷り込まれているようです。

でも、なぜ私たち日本人がそういう考えを「持たされている」のかということを知れば、すぐにでもその考えは捨てなければならないことがわかると思います。

「士農工商」なんて制度はなかったのに

結局のところ「お金を稼ぐことは悪いこと」という考えは権力者にとって都合がよいから、その支配下にある人々の心に繰り返し刷り込まれたわけです。

例えば江戸時代などは、武士であっても儒学を学ぶことが奨励されました。

儒学というのは一般的にお金を卑しめます。その一方で主君のために骨身を削って働くことを美徳とします。

江戸時代の身分制度として「士農工商」って有名ですが、実は公的にそういう制度があったわけではなく日本の儒学者が主張していたことなんですよね。

まあ滅私奉公というのは日本で捻じ曲げられた儒教解釈だとも言われますが、とにかく儒学を利用してでも、支配下にある者にはそういうことを信じさせたかったわけです。

そりゃその方が権力者には都合がいいですよね。

何かを命令するたびに「対価を払ってください」なんていう家来だらけじゃやりにくくって仕方ない。

それよりも「主君のために死ぬのは美徳だ」「無償で主君のために働く自分ってかっこいい」なんていう家来の方がいいに決まっています

「滅私奉公」を「美しい」と感じたら・・・危険

そういう考え方が、武士の時代が終わっても庶民に刷り込まれるわけですね。

今度は役人や労働者として従順に働いてくれるようにと。

働いてお金を稼ごうとすることは卑しいことなんだよ、それよりもお金のことは一切口にせず、真面目に働く姿が美しいんだよと。

もうずっと日本人は教えられてきたわけです。

でも、それを教えてきたのは既にお金や権力を持っている側の人間です。

莫大なお金を持っている人々が、お金を持っていない人に対して「お金は汚いもの」「お金を稼ぐことは悪いこと」と刷り込んできたわけですから笑っちゃいます。

それが現在でも続いているわけです。

現在の教育だってそうですよね。

人に言われたことを正確に効率よく処理する教育は熱心に行われていますが、ビジネスに関する教育なんてほとんどありません。

 

マインドコントロールに気づくこと

「お金は汚いもの」「お金を稼ぐことは悪いこと」

もしこんな考えが自分の心のどこかにあるとしたら、
それはマインドコントロールを受けている証拠だと
認識しなければなりません。

そしてすぐに、そんな考えは捨てなければなりません。

もちろん、人をだましたり、傷つけたりして
お金を稼ぐというのは悪いことです。

ただそれは「人をだます」「人を傷つける」ことが
悪いことであって、お金を稼ぐことそのものは
悪いことではないんです。

むしろ、まっとうな手段でお金を稼ぎ、
それを正しく使うことは経済を回転させることですので
世の中のためになることなんです。

ですので、堂々と、まっとうな手段で
私たちはお金を稼いでいくべきです。

コメント